スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2です。

 

4月に入り、世間はジージーエンド一色ですが、忘れてはならないのがジガルデGXの人気っぷりです。

ダブルブレイズとジージーエンドで闘タイプは強化され、遅かった動き出しもだいぶ早くなりました。

 

そんな闘タイプで頭角を現したのがジガルデGXで、たねポケモンながら高いHPと攻撃力を誇ります。

ワザもダブル無色エネルギー対応で使いやすく、10%フォルムジガルデの特性で攻撃力もかなり高いです。

 

今日はそんなジガルデGXを使用したデッキレシピを紹介します。

それでは早速いってみましょう。

 

スポンサー検索

ジガルデGXのデッキレシピ

 

今回紹介するジガルデGXデッキはこんな感じです。

ジガルデGXをメインアタッカーにし、闘タイプ特有の火力増強カードを盛り込みました。

 

ポケモンは最低限の種類しか入れていないので、バリヤードやミュウといったサポート系のポケモンを環境によっては採用してもいいかもしれません。

しかしジガルデGXデッキの特徴として、ジガルデやディアンシー◇など、ベンチに置きたいポケモンが多いため採用するときはバランスを考えて採用しましょう。

 

ククイ博士やユリーカを欲しい時に引くために「ポケギア3.0」を採用しました。ジラーチと迷いましたが、ベンチスペースがパンパンなためグッズの方が便利だと考えポケギアにしました。

スタジアムの枚数のバランスは未だ研究が必要で、ユリーカでトラッシュすることを考慮するともう少し増やしてもいいかもしれません。

 

ジガルデGXデッキの特徴

 

ジガルデGXの高い攻撃力

 

このデッキのエース、ジガルデGXはHP200とたねポケモンにしては高い体力をもっています。

ワザも万能な効果を持っていて、無色2エネで使える「セルコネクター」は50ダメージを与えつつトラッシュの闘エネルギーを2枚ジガルデGXにつけることができます。

セルコネクターの50ダメージも、ジガルデや格闘道場の効果で増加させることが可能なので相手の進化前ポケモンなどは十分に倒せる威力です。

 

そして4エネで使える「グランドフォース」は効果こそ持っていないものの130ダメージと、なかなかのダメージを与えることができます。

4エネで130ダメージは少ないように思えますが、「セルコネクタ-」でエネルギーを集められる上、火力はもりもりにできるのでバトルでは強力なメインウェポンとなります。

ジガルデやディアンシー◇を使ってダメージを上げながら「グランドフォース」で殴るのが主な戦い方になります。

 

ジガルデGXの「ジャッジメントGX」は150ダメージと火力は控えめながら、次の相手のターンにポケモンGX・EXからのワザのダメージを受けないという強力な効果を持っています。

ダメージは受けませんが、ワザの効果は受けてしまうので注意が必要です。

さらにジャッジメントGXは「ユリーカ」を使うことで再利用することができます。GXポケモンを中心とするデッキに対してはジガルデGXがダメージを受けにくく、強気で戦うことができるでしょう。

 

スポンサーリンク

ジガルデGXデッキの入れ替え候補

 

①ミュウ

 

特性「ベンチバリア」でベンチポケモンを相手のワザのダメージから守ることができます。

ジガルデGXデッキは、ベンチにディアンシー◇やジガルデなどの低HPポケモンをベンチに並べるので狙われがちです。

ミュウで守ってあげることで余計なサイドを取られず、ジガルデGXの火力も維持することができます。

ダブルブレイズ収録で、入手も比較的カンタンなので採用してもいいかもしれません。

 

②サカキの追放

 

ジガルデGXデッキのようなベンチがカツカツのデッキにとって嬉しいのが「サカキの追放」で、ダメカンの乗っていないベンチポケモン2匹をトラッシュすることができます。

トラッシュするのは主にカプ・テテフGXなどの役目を終えたカードで、「サカキの追放」をデッキに採用することでカプ・テテフGXやデデンネGXを採用しやすくなるというメリットもあります。

 

「サカキの追放」はダメカンの乗ったポケモンはトラッシュできないので、ベンチにダメカンが乗りにくくなるミュウを一緒に採用するのがオススメです。

構築の幅が広がる1枚だと思います。

 

ジガルデGXデッキの回し方

 

●序盤

序盤はジガルデGXのワザを使うためにダブル無色エネルギーをジガルデGXに貼ることを目指しましょう。

少なくとも2ターン目には「セルコネクター」を使ってトラッシュの2枚のエネルギーをジガルデGXに供給したいです。

それと同時に、ジガルデGXの火力を高めるために犬ジガルデやディアンシー◇をベンチに出しましょう。「せせらぎの丘」を貼ることができればベンチを集めるのは簡単だと思います。

余裕があればイワンコも出しておくと終盤に戦いやすいでしょう。

 

●中盤~終盤

中盤以降はジガルデGXの「グランドフォース」を使って攻撃していきます。

GXワザはユリーカの効果で何度も使えるため、相手がGXワザのときはポケギア3.0でサーチしてGXワザを連発すると戦いやすいと思います。

最近流行りの非GXズガドーンに対しては「リセットスタンプ」とスタジアムの張替えがとても強力で、相手は立て直すことが難しくなります。

逆にジガルデGXは単体での能力が高いため、ハンデスに対しては盤面で対応できると思います。ルガルガンGXの「ブラッディアイ」でベンチのポケモンを引きずり出したりして盤面で勝ちきりましょう。

 

まとめ:幅広く戦えるデッキ。

 

ジガルデGXデッキは苦手な相手が少なく、どのデッキに対しても対等以上に戦うことができます。

デッキの種類がまちまちのポケカの大会ではかなり勝ち残りやすいのではないかと思います。

ジガルデGXが禁断の光収録ということで若干手に入りにくいですが、カードショップを巡ってぜひ組んでみてほしいデッキです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。