スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!!

この間、お気に入りのデンリュウGXデッキを握ってジムバトルへ出かけたところ、ズガドーンGX+アーゴヨンデッキにボコられましたw

ズガドーンGXといえば東京大会での活躍が記憶に新しく、組んでみたいと思っている人も多いのではないでしょうか??

というわけで今回は高火力でお馴染み、ズガドーンGX+アーゴヨンデッキをみがわり紹介!!

スポンサー検索

主なデッキレシピ

環境でよくみるズガドーンGX+アーゴヨンデッキはこんな感じです。

ポケモンは少なめで、エースのズガドーンGXとチャージアップのアーゴヨン、事故防止のカプ・テテフGXくらいですかね。ミストレやハイパーボールといったサーチカードで最速でアーゴヨンをたてるためのデッキレシピになっています。

ズガアゴデッキの特徴

①序盤から高火力

1進化であるアーゴヨンは特性「チャージアップ」によりトラッシュのエネルギーを毎ターン1枚再利用することが出来ます。
本来は自身にしか再利用したエネルギーを貼れますが、ズガドーンGXのワザ「ビックリヘッド」はベンチポケモンについているエネルギーを利用して火力を上げることができるので、とても相性がいいです。

ズガドーンGXはたねポケモンで、アーゴヨンも1進化ポケモンで、立つのは比較的早いです。
しかもズガドーンGXに2エネさえ貼ってあれば、あとはチャージアップで火力をあげることができるので序盤から高い火力をだすことができます。

②ビーストリングによるエネルギー供給

UB(ウルトラビースト)御用達のビーストリングにより、相手のサイドが3枚、4枚のときは効率的にエネルギーを盤面に供給できます

たとえサイドレースが負けているときでも一気に高火力を出すことができ、盤面をひっくり返すことができるのが最大の魅力です。ビーストリングはグッズのために1ターンに何回も使えます。エネが付いていないズガドーンからも十分火力が出せるのはUB(ウルトラビースト)のいいところかなと思います。

③ヒートファクトリー◇によるドロー

ヒートファクトリー◇は超爆インパクト(sm8)で登場した強力なスタジアムです。
手札の火エネルギーを1枚トラッシュして3ドローできます。

いうまでもなくトラッシュしたエネルギーはアーゴヨンで再利用できるので実質デメリットなしでハウれます。しかしドローのしすぎてLO(デッキ切れ)するのは炎タイプデッキの宿命なので(経験談)、手札が事故ってるときに使うという原則のもとでドローしましょう。
特にジャッジマンのいやがらせを受けたあとにヒートファクトリー◇の効果を使うと、相手に対して一方的なアドバンテージを得ることができます。

スポンサーリンク

大会優勝デッキの紹介

実店舗で行われた大会で入賞したズガアゴデッキをTwitterより紹介します。

サポートの枚数やグッズのバランスなどをみてデッキ作成の参考にしてみてください。

入れ替え候補

紹介したデッキレシピ以外にもズガドーンGX+アーゴヨンデッキと相性がいいカードが存在するので紹介しておきます。

①レシラムGX

自分でエネを供給できる優秀な1エネ技と状態異常つきの2エネ技を持っています。

山札から2枚のエネルギーを持ってこれるというのが優秀な点で、にげるなどでエネをトラッシュすればアーゴヨンの火種として使うことが出来ます。ピン刺しで使うとオサレでかっこいい人と違う(モテる)ズガアゴデッキが出来上がります。

②ウルトラスペース

1ターンに一度、山札からUB(ウルトラビースト)をサーチできます。アーゴヨンを早く立てることができるので、採用しているしている人も多いのではないでしょうか。
最近は強力なスタジアムが多く登場していて、多少つかえなくても相手のスタジアムを張り替えるために採用する意味が多くなってきたと感じます。

それに加えてウルトラスペースは採用するメリットも多くあるので、デッキスペースに余裕がある人は採用してみることをオススメします。

③ルザミーネ◇

相手のサイドの枚数に指定があるものの、1ターンの間UB(ウルトラビースト)が無敵になることができます。

使われた側のプレッシャーはすさまじく、何もすることができません。対して使った側は1ターンの間エネルギー供給に全力を注ぐことができ、上手くハマれば勝負を決めるほどのアドバンテージを得ることができます。

ルザミーネ◇を使う間に別のサポートを使ってリードを広げたいという人ももちろんいるでしょうし、採用するかどうかは個人の好みによるかな、というのが個人的意見です。

デッキの回し方

●序盤

ズガドーンGXの主な弱点として、場のエネルギーが枯渇すると何もできないという点があります。アーゴヨンを一刻も早く立ててエネルギーを供給しましょう。
ダートじてんしゃやハイパーボールといったグッズを利用してある程度エネルギーをトラッシュに落としたいところです。初ターンにヒートファクトリー◇を引くことができれば安定した勝負ができると思います。
ズガドーンGXは序盤から火力がだせるというのが強みなので相手のGXポケモンを狙って気絶させましょう。

●中盤~終盤

最近流行りのシャワーズGXを軸としたデッキに代表される耐久型のデッキには弱く、エネルギーがロストにばかり貯まりかねないです。安易に技を使うよりもこだわりハチマキビーストエネルギー◇など、火力を増強するグッズを待ったほうがいい場面が多くあります。
そういったときの対処法としてズガドーンGXのGX技「バーストGX」があります。問答無用でサイドを1枚とることができるので、サイドレースに遅れることなくエネルギー消費を抑えることができます。

序盤からダメージの与え方は変わりません。グズマなどを利用して相手ベンチに眠っているGXポケモンを気絶させに行きましょう。
カプ・テテフGXは特に狙い目で、ビーストエネルギー◇がついていれば3枚のエネルギーで気絶させることが出来ます。
いかに少ないエネルギーで気絶させるかを考えながらプレイすると勝率は上がるかなと思います。

まとめ

ズガドーンGX+アーゴヨンデッキは手軽に高火力を出すことができ、扱いも非常に簡単かなと思うので初心者の方にもおすすめです。大会でも結果を残しまくって大流行すること間違いなしなので一度作ってみることをオススメします。

しかし超爆インパクトという入手度が高いパックで構成されているデッキなので(2018年11月現在)、再販を待ってから作ったほうがシングルを買うよりもいいかもしれませんね。

でもアーゴヨンの封入率がひどいとかなんとか…(他人事)

それではまた次回!!!

Twitterもやってますのでフォローの方、お願いします!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。