スポンサーリンク

はいどうもマタン(@migawariblog2)です。

 

今回はポケカ公式も太鼓判を押した「ゼラレックデッキ」の紹介です。

烈空のカリスマと迅雷スパークは連続で登場したパックにもかかわらずレックウザGXゼラオラGXは相性抜群で、初心者から上級者まで扱えるSMレギュレーションを代表するデッキです。

 

WCS2018でも大暴れし、上位にレックウザGXを使ったデッキが多く並びました。

ウルトラシャイニーが発売したことをうけて、レックウザGXも入手しやすくなったのでぜひ作ってみてください。

 

それでは早速いってみましょう。

 

スポンサー検索

デッキレシピ

 

【デッキコード】84cYxD-vVAHLD-Y8a8xa

 

環境でよくみるゼラレックはこんな感じです。WCS2018で活躍したレシピをもとに、新しく登場したカードも使っています。

ゼラオラGXとレックウザGXだけでなく、シェイミ◇でも火力を出せるデッキになっています。

ゼラオラGXの「フルボルテージGX」で展開する型になっているのでエネルギーは多めに入っています。

 

ゼラレックの特徴

 

①簡単に高火力を出せる

 

 

個人的に2018年の顔のようなカードだと思ってます。烈空のカリスマ(sm7)のパッケージポケモンであるレックウザGXです。

ゼラレックはレックウザGXがメインアタッカーです。

特性「しっぷうどとう」で山札から3枚トラッシュしつつトラッシュのエネルギーを1枚つけることができます。場に出したときからエネルギーを1枚つけることで展開の速さに貢献しています。3枚トラッシュする効果も、デッキ圧縮しつつゼラオラGXの「フルボルテージGX」のアシストもできちゃいます。

 

技の「ドラゴンブレイク」が強力で、場についている草と雷エネルギーの数×30ダメージという効果をもっています。

ゼラオラGXの「フルボルテージGX」とレックウザGXの「しっぷうどとう」を上手く使えば300ダメージも出せるロマンのあるデッキです。いまだに大会で成績をたくさん残しているので、現実味もある強力なデッキです。

 

レックウザGXの大ダメージがゼラレックの一番の魅力です。

 

②展開力が早い

 

 

いろんなデッキでみかけたゼラオラGXはレックウザGXと相性が一番いいです。「じんらいゾーン」により雷エネルギーがついているポケモンの逃げエネルギーはゼロになり、「フルボルテージGX」で場にエネルギーを5枚供給できます。

 

雷エネルギー1個でうてる「フルボルテージGX」が非常に使い勝手がよく、ツボツボやボール系のグッズによりトラッシュにエネルギー5個あれば使えます。手貼りなしでレックウザGXの「ドラゴンブレイク」の威力は150ダメージになります。

デッキが周りに回って2ターン目に撃ってくるドラゴンブレイクに苦戦した人も多いのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

大会優勝デッキレシピの紹介

 

次に、ジムバトルなどの大会で優勝したゼラレックデッキのレシピを紹介します。

サポートやエネルギーの枚数など、デッキのバランスを参考にしてみてください。

 

 

 

 

入れ替えカードの紹介

 

①ラティアス◇

 

 

烈空のカリスマ(sm7)に収録されたラティアス◇(プリズムスター)です。

技の「ドリームミスト」がレックウザと相性がよく、トラッシュにあるエネルギーを1枚ずつ、ベンチのドラゴンタイプのたねポケモンに付けることが出来ます。

要求エネルギーも1個なので序盤から技を使うこともできます。

 

しかし、「ドリームミスト」の威力が30と低い上にゼラレックにはトラッシュからエネルギーを回収する手段がたくさんあるので必要ないという意見もあります。

個人的にはたねポケモンにしてはHPが高く、プリズムスターカードの性質上ピン刺しになるので入れてもいいと思います。

 

②クワガノン

 

 

コレクションムーン(sm1M)に収録されたクワガノンです。

特性「ストロングチャージ」がレックウザにぴったりです。1ターンに1度、山札の雷と草エネルギーを1枚ずつ自分のポケモンに好きなようにつけることができます。

クワガノンを軸にしたレックウザデッキはレックガノンと呼ばれ、安定性があるので人気がありますが、クワガノンが2進化ポケモンのために準備に時間がかかります。環境に展開が早いデッキが少なければレックガノンの方が刺さると思うので時と場合によって採用してみてください。

 

③デンチュラ

 

 

ダークオーダー(sm8a)に収録されたデンチュラです。

特性「きんちょうかん」は面白い効果をもっています。相手が手札から使ったグッズやサポートの効果をうけません。

例えばあなぬけのヒモやグズマや改造ハンマーなどの効果を受けません。

 

そして技の「スパイダースレッド」も便利で、トラッシュにある好きなカードを回収することが出来ます。

ダートじてんしゃなどでトラッシュしてしまったカードを再利用したり、エネルギーを再利用することが出来ます。使い所によっては大変便利な技です。

しかし、1進化ポケモンなのでデッキスペースを取られてしまうところが難点です。

 

デッキの回し方

 

●序盤

 

ゼラレックは序盤が命です。

 

理想の動きとしては初ターンにトラッシュにエネルギーを5枚置くというのが目標です。レックウザGXの「しっぷうどとう」やダートじてんしゃでデッキを圧縮し、ハイパーボール→ツボツボの流れでエネルギーをトラッシュするのが王道です。

場にレックウザGXとゼラオラGXを出しつつ2ターン目に「フルボルテージGX」を使うことがもはや勝ちパターンです。

2~3ターン目にやるべきことは「ねがいのバトン」をレックウザGXにつけることです。

ゼラレックの負け筋として場のエネルギーが枯渇するというのがあります。「フルボルテージGX」はバトルで一度しか使えないので枯渇してしまうとほぼ負けです。そこでいかにレックウザGXを生かしてエネルギーを後世に残すというのが大切です。

 

●中盤~終盤

 

同じレックウザGXが2ターン生きたら勝ち。」という言葉があります。

 

先程書いたとおり、場にエネルギーを残すというプレイングが求められます。レックウザGXには技を使うための最低限のエネルギーだけをつけてその他のポケモンにつけておくのが無難です。ついでにツボツボはHPが低いのでエネルギーはつけないほうが安全です。

ゼラレックは相手ポケモンを2パンしていては遅いです。「ドラゴンブレイク」の威力は場のエネルギーの数で決まるので、HPが多いレックウザで戦いつつ、グズマを使ってGXポケモンを確実に気絶させていけば勝利が見えると思います。

 

まとめ

 

ゼラレックは2018年で最も輝いたデッキの1つだと思います。

2018年だけでなく、2019年でも通用するようなパワーを持ってると思います。今後クワガノンのような新しい相方が登場すれば第一線で戦うこともあるのではないかと思っています。

展開が早くてパワーが有るデッキでいうと「ズガドーンGX+アーゴヨンGX」が一番強いかなと思います。しかし、高HPのタッグチームが登場し、アセロラなどで回復されてしまうとズガアゴではエネがロストゾーンにいってしまうので、安定して技が何発も撃てるゼラレックのほうが環境では刺さるかなと思います。

 

今後のパックに収録されるゼラレックと相性がいいカードにも注目ですね!

今回は以上です。質問・コメントなどはお気軽にどうぞ!

Twitterもやってますのでフォローよろしくおねがいします。

 

それではまた次回!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。