スポンサーリンク

 

はい、どうもマタン(@migawariblog2です。

2019年春に発売予定のニンテンドースイッチ用ゲームソフト「妖怪ウォッチ4」の今までの情報をまとめたいと思います。

この記事では皆さんのご意見をお待ちしております。
情報に誤り、誤解を招くような表現などございましたらコメント欄よりお寄せください。

 

スポンサー検索

妖怪ウォッチ4

【PV】『妖怪ウォッチ4』PV2(次世代WHF '19 Winter Ver.)

 

妖怪ウォッチ4の概要

ジャンル RPG(クロスメディアプロジェクト)
対応機種 Nintendo Switch
発売日 2019年春予定
価格 未定
制作・販売 株式会社レベルファイブ
公式サイト 妖怪ウォッチ4

 

 

以下、リリースより引用部分があります。

妖怪ウォッチの3つの世界がクロスオーバー!

3つの世界がつながるイメージ画像。本来出会うことがなかったケータとナツメが初の対面。

 

妖怪ウォッチ4では、決して交わることがなかった3つの世界がクロスオーバーします。

妖怪ウォッチシリーズではお馴染みとなったケータが妖怪たちと暮らす世界、ケータの世界から30年後、「妖怪探偵団」として娘ナツメが暮らす世界、そして2018年12月14日より公開の「妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」の舞台となる世界

妖怪ウォッチ4では3つの世界のキャラクターたちを操作して冒険することができます。

さらに公式サイトでは、ケータの世界、ナツメの世界、シンの世界の他にも4つ目の世界の存在も…???

 

スポンサーリンク

ゲームシステム

 

妖怪ウォッチの世界をリアルに冒険!

 

「さくらニュータウン」のグラフィックがグンとレベルアップ!

おおもり山にある神社の風景や、ヨロズマートの様子がよりリアルに!

 

妖怪ウォッチ4では、妖怪ウォッチシリーズではおなじみの「さくらニュータウン」を主人公の視点に近いかたちでリアルに冒険することができます。

プラットフォームが3DSからニンテンドースイッチになったことで、TVモードも利用できます。

より大画面でアニメに近い妖怪ウォッチの世界を楽しむことができるようです!

 

「ナビワン」は主人公を導いてくれる便利な存在です

目的地まで案内してくれるので、歩き回る時間を減らしてスイスイ楽しむことができます。

 

さらにケータをはじめ、ナツメ、トウマなども操作することができ、それぞれ入れる場所が異なるのでストーリー中に操作するキャラを切り替えるシステムになっているようです。

 

「妖怪ウォッチ」の能力を駆使してバトル!

バトル中のウィスパーのアドバイスがありがたい。

 

妖怪ウォッチ4のバトルシステムは妖怪ウォッチバスターズに近いシステムになっています。

他のゲームだとテイルズオブシリーズに近いでしょうか。操作キャラ以外は自動操作となります。

主人公は「ウォッチャー」としてバトルに参加します。妖怪以外がバトルに参加するのはシリーズ初で、新鮮なバトルが楽しめそうです。

バスターズと同じように妖怪の周りで妖怪と共に戦って、アニメのようなバトルを楽しめます。

 

ジバニャン視点でバトル!

 

さらにウォッチャー以外の妖怪も操作することができるので、戦況によって戦うキャラを選択する必要がありそうです。

 

さらにトウマを操作している時は「不動明王」を憑依召喚することができ、大ダメージを与えることができます。

キャラクターごとに固有の特性をもっているなら、その他の主人公はバトルに参加するのかどうかが気になりますね。

 

個人的にアキノリの妖怪ウォッチアニマスによる幻獣召喚を期待したいところです。

ナツメの妖怪ウォッチエルダと共に、今後の情報を待ちたいところです。

 

妖怪アークでアイテムをゲット!

 

好評発売中の「妖怪アークシリーズ」と妖怪ウォッチ4は連動することが発表されています。

前作までの妖怪メダルと同様に、コインや装備が手に入ると予想されるので、今のうちに集めておくと良いことがありますよ!

キーホルダーにもなるのでアクセサリーとしてお気に入り妖怪を持ち歩くのもいいですね。

 

 

ゲームオリジナル妖怪

 

①ジャー坊

ギリギリ人間に見える姿に変化(へんげ)した大蛇の化身。炭鉱のまちの人々からもらったつるはしとヘルメットがお気に入り。まちの守り神なのだと言い張るが、その真相は定かではない。

 

レベルファイブが制作した福岡県大牟田市の公式キャラクターである「ジャー坊」が妖怪として妖怪ウォッチ4に登場します。

ジャー坊について知りたい方はこちら→「ジャー坊」のサイト

 

さらなる詳細は続報を待て!!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。