スポンサーリンク

ウィッス!!どうもマタン(@migawariblog2)です。

2018年冬から2019年春に発売が延期されていた「妖怪ウォッチ4(仮)」ですが、2019年3月13日にプロモーションビデオの第3弾が公開となり、詳細が判明しました。

 

未定だったタイトルは、「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」に決定!!

そして2019年6月6日に発売決定!!

 

2019年春とか行っておいて6月はグレーな気がしますが今はおいておきます。

それでは詳しく説明します。

 

スポンサー検索

妖怪ウォッチ4は久々のワンタイトル展開

 

レベルファイブは、イナズマイレブンをはじめとしてゲームを複数タイトルで発売することが多いです。

例えば「イナズマイレブン2 ファイア/ブリザード」みたいな感じですね。

それは妖怪ウォッチにも当てはまっていて、

 

・妖怪ウォッチ

・妖怪ウォッチ2 元祖/本家/真打

・妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ/スキヤキ

 

と、無印を除く続編は全て複数タイトルで展開されています。

2017年に発売された「妖怪ウォッチバスターズ2 秘宝伝説バンバラヤーソード/マグナム」も2タイトルで発売されていることから妖怪ウォッチ4も複数タイトルで展開されるだろうと予想する人が多かったようです。

ワンタイトルで発売されるのは無印以来のことであり、プレイするハードが3DSからSwitchに変わった節目のタイトルということで、大きな変化の現れと捉えることもできます。

 

発売日は2019年6月6日

 

タイトルの発表と同時に発売日も判明しました。

2019年6月ということで、当初の予定である2018年冬から半年ほど遅れたことになります。

同じく発売延期となった「イナズマイレブン アレスの天秤」は発売日がまだ判明していないことから、レベルファイブの計算は大幅に狂ったことになります。

Switchのソフトラインナップは2019年春は大手の新作が少なく、春先に発売されるこの妖怪ウォッチ4は多くの人が手に取る作品になるかもしれません。

 

スポンサーリンク

早期購入特典は「クリスタル妖怪アーク」

「妖怪ウォッチ4 ぼくらは同じ空を見上げている」の初回生産分にはクリスタル妖怪アーク「ジバニャンズ&猫又」が付いてきます。

詳細はわかりませんが、ゲーム内で読み込むことで特典が得られるようです。

 

これでゲーム内で妖怪アークが使用可能なのは確定で、妖怪メダル同様にアイテムや経験値玉などを入手できるでしょう。

妖怪ウォッチ4を買いたいと思っている人はいまのうちに集めておいたほうがいいかもしれませんね。

 

そして判明した4つ目の世界「妖魔界」

 

妖怪ウォッチ4では、前々から4つの世界が存在していることが示唆されていました。

そのうちの3つは以前から明らかになっていて、「ケータの世界」「ナツメの世界」「シンの世界」です。

それぞれの世界は時間軸が異なりますが、妖怪ウォッチ4では全ての世界で冒険できるようです。

 

そして4つ目の世界は「妖魔界」であることが判明しました。

妖魔界といえば「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」で過去が明かされたばかりなので、「シンの世界」と絡みつつストーリーが展開されそうですね。

 

映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」は1960年代の話で、エンマ大王の誕生の秘密について迫るストーリーです。

家族の絆や友情もテーマとなっていて大人が見ても泣ける映画になっているので、妖怪ウォッチ4を買いたいと考えている人は観ておくことをオススメします。

ほかにも「映画妖怪ウォッチシャドウサイド 鬼王の復活」など、妖魔界に関わる映画はいくつかあるので妖怪ウォッチ4を深く楽しみたい人は劇場版を中心に予習しておくといいでしょう。蛇王カイラは個人的に好きです。

 

まとめ:今までの妖怪ウォッチシリーズが全部楽しめそう。

 

妖怪ウォッチ4のストーリーがどれほどのボリュームか分かりませんが、歴代の主人公の世界を冒険できるということなので妖怪ウォッチというアニメの世界観に浸ることができそうです。

それぞれのシリーズは妖魔界と関係があるので、4つの世界でクロスオーバーしたストーリーも楽しみですね。

 

6月までまだ時間があり、2019年冬には劇場版第6弾も公開されるとのことなので、今後の情報が楽しみになってきます。

タイトルは「映画 妖怪学園Y 猫はHEROになれるか」で、擬人化したジバニャンやコマさんの姿がコンセプトアートにあります。

この映画に関しての情報はまだまだ少ないので判明次第、記事にしていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。