dav
スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2です。

ゲーム実況者になるべく機材を買い集めている私ですが、今は起動に5分程度かかるノートPCを使っています。

 

ノートPCあるあるとして、「USBポートが足りないよ!」という悩みがあります。

事実、私のノートPCはUSBポートが3つしかありません。

3つというと、有線マウスと外部ストレージとスピーカー接続して終わりです。

カードリーダーやスマホを接続したいとなればUSBポートはたくさん欲しいですよね…

 

そんな時に使うのが「USBハブ」です。

自分の好きな分だけUSBポートを増設することができ、パソコンもそれだけ便利になります。

Atolla「USB3.0ハブ」

 

今回は、いつも人よりパソコンに触っている時間が長い(自称)マタンが、最近気に入っている「USB3.0ハブ atolla アルミニウム 」を画像つきで紹介します。

実際に使ってみた感想、良かった点・悪かった点について書いていこうと思います。

新しくパソコンを買う人や、優秀なUSBハブを探している人はぜひ参考にしてみてください。

 

 

スポンサー検索

Atolla 「4ポートUSB 3.0データハブ」の詳細

アルミ製、5ポート、黒

 

本体サイズ 12×4.5×2.3 cm
重量 約200g
ポート数 USB3.0ポート×4、充電ポート×1
USBケーブル 1m

 

・差込口の横のボタンでON・OFF切り替え可能

・USBケーブルのみで給電も可能だがACアダプターも付属&使用可能

・USB3.0ポートが4個、残り1個は充電専用ポート

 

Atolla USB3.0ハブのナイスなポイント

 

①長いケーブルで使いやすい

ノートPCを一周させても余裕がある。

 

付属のUSBケーブルは長さが1mと、付属品にしては長めのケーブルとなっていて便利でした。

USBハブは確かに便利ですが、常に手元にあると邪魔なものです。

ケーブルの長さに余裕があるとハブの配置を自由にできるので何気にありがたいナイスなポイントでした。

 

私のようにノートPCに使う時もそうですが、デスクトップPCを使っている人にとってはケーブルが短いとPC本体まで届かない可能性もあります。

1mの長さがあればPCデスクの下にあるPC本体まで接続できるでしょう。

 

②ポート口が光るからロマンがある。

黒に映える赤と青。

 

USBケーブルやACアダプターで電源供給をすると、USB差込口が青と赤に光ります

質素な黒にLEDの光が付くだけで急にゲーミングパソコンのような色合いになります。

 

このLED機能は単純に見た目だけの機能ではなく、使用中のポートと分かりやすくする役目もあります。

使用しているかどうかひと目で分かる

 

AtollaのUSB3.0ハブにはそれぞれのポートに独立した電源スイッチがついていて、ポートごとにON・OFF切り替えができます。

OFF状態のポートの差し込み口はLEDが暗くなるので区別が簡単です。

 

ちなみに電源をONにするときはスイッチを押すだけで、OFFにするときは2秒程度の長押しが必要です。

 

③面倒なドライバのインストールが必要ない。

 

AtollaのUSB3.0ハブはPC周辺機器にありがちなドライバのインストールが必要ありません。

つまりUSBケーブルでPCと接続した瞬間に使うことができます。

 

PCにそんなに詳しくない人でも直感的に使いやすいデザインにしているのが伝わります。

その他の機能と相まって製品の使いやすさを際立たせています。

 

スポンサーリンク

Atolla USB3.0ハブのアレレなポイント

 

①指紋がつきやすい

 

写真では伝わりにくいですが、AtollaのUSB3.0ハブは指紋が残りやすいです。

本体がアルミ製でツルツルしていることもあり、少し触るとべったり指紋がつきます。

 

USBハブなんてそんなに触らないだろうと思いますが、ケーブルを差し込むときや抜けにくいケーブルを抜くときなどに触ってしまいます。

私は気になるたびに拭いています。

製品の性能には1mmもかかわらないことですが、第一印象として感じたので一応書きました。

 

②ボタンが壊れやすい(らしい)

 

私はAmazonで注文しましたが、特に不良はありませんでした。

しかしネットの評価を見ていると、一定数いるのが「ボタンが陥没した」というコメントです。

 

私の製品を確かめると、陥没する様子は見られないですが各ボタンの押し込み具合に差がありました。

具体的にいうと、新品のWiiリモコンのAボタンと、使い込んだWiiリモコンのAボタンくらいの差です。

この差がひどい製品はボタンが壊れやすいのかもしれませんね。

個人的にボタンの押し込み具合は気になったので書いておきました。

 

まとめ

 

ここがポイント!
・オシャレで便利なLED機能
・使用量に応じてACアダプターから給電可能
・スイッチで独立にON・OFF切り替えできる

 

AtollaのUSB3.0ハブはAmazonでも評価が高く、USBハブで迷っている人は基本的にコレで良いと思います。

今回紹介したのは5(4+1)ポートの商品でしたが、10(7+3)ポート版もあります。

Amazon→「USB3.0ハブ 電源付き, atolla 7ポート5Gbps高速 USBハブ3.0

 

個人的に決め手となったのはACアダプターによる給電が可能という点で、外部ストレージやキャプチャーボードなども安定して接続できるので安心です。

あんまり電力の大きな製品を使わない人はUSB給電のみでの使用もできるので、色々なニーズに応えている製品だと思います。

 

パソコン周辺機器の中でも欠かせないのがUSBハブで、多くの種類があって迷うものだと思いますが、迷ったらとりあえずAtolla製品を買っておけば間違いないと思います。

USBハブで迷っている人の参考になれたら幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。