スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!!

 

超爆インパクトで登場したバンギラスGXは、ゲームでもカードでも人気のカッコよさがありますね、ロマンです。

大会ではあまり活躍しないですが、非GXポケモンデッキに対して強く出れるデッキで、今後の環境によっては頭角を表す可能性があります。

 

今回はそんな「バンギラスGXデッキ」をみがわり紹介!!

 

 

それでは早速いってみましょう!!

主なデッキレシピ

環境でよくみるバンギラスGXデッキはこんな感じです。

主なポケモンとしては主軸のバンギラスGXと、強力なドロソであるゾロアークGX、エネ加速のアローラガラガラを入れています。

 

悪タイプポケモンを中心に、グッズを多めに入れて臨機応変に戦えるようにしています。

 

バンギラスGXデッキの特徴

 

①ゾロアークGXによる安定感

 

 

色々なデッキに出張することに定評があるゾロアークGXさんですが、バンギラスGXデッキにおいてもチカラを借りようと思います。

 

役割としては、バンギラスGXが二進化ポケモンなので、進化パーツやふしぎなあめを持ってくることがメインのお仕事です。

その他にもエネルギー不足を解消したり、サポートを引いたりと、手札事故を回避することでデッキに安定感をもたせることが出来ます。

 

技「ライオットビート」は場のポケモン×20ダメージと、しっかりとした火力が出るので、アタッカーとしても活躍することが出来ます。

 

②相手の場にダメカンをばら撒ける

 

 

このデッキの主役、バンギラスGXです。

特性「ロストアウト」で、気絶させた相手ポケモンをついているカードごとロストゾーンに送ることが出来ます。

 

技「あばれさじん」も強力で、バトルポケモンに130ダメージを与えつつ、ベンチのたねポケモン全員に30ダメージ与えることができます。

相手ベンチの育っていないポケモンや、たねGXポケモンなどにダメージをばら撒くことで、ダメージ調整をしたり、低いHPのたねポケモンを気絶させることが出来ます。「ウツギ博士のレクチャー」の圏内であるポケモンならば二回で気絶させることが出来ます。

 

③非情なアブソル

 

 

強化拡張パックサン&ムーン(sm1+)に収録されていたアブソルです。

最近は特性「あくのはき」を持つアブソルが人気ですが、コチラのアブソルも果てしないポテンシャルを持っています。

 

技「みらいよち」は序盤のドロー調整で役にたち、ゾロアークGXの特性「とりひき」とも相性がバツグンです。

2エネの技「はめつのしらせ」がエグい効果を持っていて、アブソルに付いているエネルギーを手札に戻す代わりに、技を受けた相手を次の相手の番の終わりに気絶させることが出来ます。

 

役割としては、相手のアローラキュウコンやフーパといったGX対策ポケモンを倒す役割を担います。

技「はめつのしらせ」は相手がポケモン入れ替えなどでポケモンを交代すれば効果が消えますが、結果的にGX対策ポケモンを追い払う役目を果たすことが出来ます。

 

さらに「はめつのしらせ」の効果も、付いているエネルギーをトラッシュではなく手札に戻すなので、ダブル無色エネルギーをつけてしまったとしても再利用できるという利点があります。

 

大会優勝デッキの紹介

 

ここで、実際の店舗で優勝したデッキのレシピをTwitterより紹介します。

トレーナーズやエネルギーの枚数など、デッキ改造の参考にしてみてください。

 

 

 

 

入れ替えカードの紹介

 

紹介したレシピのカードの他にもバンギラスGXデッキに相性がいいカードが存在するので紹介します。

自分の好きなカードを入れてデッキ改造してみてください。

 

①アローラキュウコンGX

 

 

フェアリーライズ(sm7b)に収録されていたアローラキュウコンGXです。

これはゾロアークGXと選択で、主流なバンギラスGXデッキの型の一つです。

 

特性「ふしぎなみちびき」により、バンギラスGXの進化に必要なふしぎなあめや、必要なグッズをサーチすることが出来ます。

 

攻撃できないと思われがちですが、ユニットエネルギー闘悪妖により攻撃に参加することができ、相手がウルネクデッキやズガドーンデッキだった場合、GX技を使うことにより問答無用で気絶させることができます。

 

②マリルリ

 

 

超爆インパクト(sm8)に収録されていたマリルリです。

超爆インパクト発売時に行われたポケカデッキコンテストで入賞したバンギラスGXデッキに採用されていました。

 

1エネの技「みすたまさがし」で山札の上から八枚の中にあるエネルギーを好きなようにつけることが出来ます。

ユニットエネルギーやダブル無色エネルギーもつけることができるので、ベンチを一気に育てることが出来ます。

 

アローラガラガラとの入れ替え候補になりますが、マリルリは要求するエネルギーがフェアリーなので、採用する際は上記のアローラキュウコンGXと一緒に採用するといいかもしれません。

 

③ドンカラス

 

 

アローラの月光(sm2L)に収録されていたドンカラスです。

強さはいうまでもなく、最近は悪タイプの非GXデッキの主軸として活躍しています。

 

非GXのバンギラスやアブソルなどの入れ替え候補です。

 

ドンカラスは一進化ポケモンなので、立つのが比較的遅いので注意が必要です。

しかし、2エネの技「レイブンクロー」はバンギラスGXと相性がよく、相手の場にあるダメカンの数×10ダメージをだすことが出来、バトル終盤になれば100ダメージほどは簡単に出せるでしょう。

 

デッキの回し方

 

●序盤

 

バンギラスGXデッキは進化ポケモンを多用するので、最序盤でウツギ博士のレクチャーを使っておきたいところです。

なるべく早くバンギラスGXとゾロアークGXを盤面に揃えましょう。

あと、序盤に非GXのアブソルの技「はめつのしらせ」を使うと、相手が逃げることを出来ずにそのまま気絶してくれる可能性も高いので有効です。

 

●中盤~終盤

 

バンギラスGXは場持ちがよく、相手が闘タイプでなければ一撃で倒されることはそうそうないでしょう。

何回か「あばれさじん」を打てると相手のベンチのたねポケモンもゾロアークGXの「ライオットビート」などでも簡単に倒せるようになります。

 

ゾロアークGXの特性「とりひき」を上手く使いながら手札事故を防ぎつつ攻撃を繋げましょう。

 

まとめ:バンギラスGXデッキは安定感とパワーがある

 

今回紹介したバンギラスGXデッキは、今は環境であまり見かけませんが、今後おおいに流行る可能性があります。

 

HPの低いたねポケモンが多くいる非GXデッキや、ウツギ博士のレクチャーを起点にしているデッキなどにはぶっ刺さると思います。

そう考えると超爆インパクトってすごいパックだったなぁとつくづく思います。

 

バンギラスは個人的に好きなポケモンで、ポケカでも使ってみたいとずっと思っていたので、皆さんも自分の好きなポケモンでデッキを組むのも面白いと思います。

 

今回は以上です!Twitterもやってますのでフォローよろしくおねがいします。

紹介してほしいデッキやグッズ等、受付中ですのでよかったらコメントどうぞ!!

 

それではまた次回!!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。