スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

もう冬ですね。外も寒いし財布も寒い。

いきなりですが、今日は皆さんに1つ質問があります。

 

Q.みなさんはどこでポケモンカードを入手しますか??

 

その質問に対してはいくつかの答えが浮かぶと思います。

 

返答の例

①パック剥くの楽しいから拡張パックを買う!

②シングルカード販売してるお店に行く!

③フリマアプリで買う!

 

主なところでいうとこんなところですよね?

しかし、2018年の夏から冬にかけてはポケカブームがヒートアップしたこともあって、①や②は状況によっては難しいことも多かったですね。

 

なんでポケカの希少価値が上がったのかと言うと、プレイ人口が短期間に急激に増えたために生産が追いつかず、全てのプレイヤーにカードが行き渡らなかったというのが主な理由です。

しかし、TwitterなどのSNS上ではしばしば「転売ヤー」が非難の対象になることも多かったです。

 

スポンサー検索

転売ヤーとは?

 

要はポケモンカードゲームの商品を使って「せどり行為」を行っている人のことです。

注:せどり(競取り、糶取り)とは、『同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人(三省堂 大辞林より)』を指すが、一般的には古本用語を元にした「掘り出し物を第三者に販売して利ざやを稼ぐ」商行為を指す言葉。

 

よく「せどり行為」が行われるのが、限定品のブランド品やブックオフなどで売られている古本です。

みんなが欲しいであろうものを定価以上で売ったり、市場価格より安い中古品を買って高く売って儲けるわけです。

 

言うまでもなく2018年のポケカは「転売ヤー」にとって最高の商品でした。

通常、カードゲームで「転売」をする場合、どのカードが高いか、どのスリーブやプレイマットが人気があるのか調べなくてはいけないため、少々手間がかかります。

しかし、ポケモンカードゲームは新弾の箱を入手して適当に定価以上の値段をつけて売れば売れました。転売する人からしたら簡単で、利益率も物凄く高かったのです。

 

なぜ「転売ヤー」が叩かれていたかというと、ポケカ新弾の買い占めをし、箱を開けもしないでフリマアプリで売る、という行為を繰り返していたからです。

ポケカに愛があり、新弾を心から待ち望んでいた人からすればたまったもんじゃありません。

カードが買えなければポケカにお金をつかわなくなり、やがてポケカをすることをやめてしまうでしょう。

 

そう、転売行為はしている人にとっては簡単に儲けられるオイシイ副業でしたが、ポケカ業界に与えたダメージはあまりに大きすぎたのです。

 

ところでシングルカード販売ってやってること一緒じゃない?

 

僕はよくカードショップに行き、欲しいシングルカードを探して買います。ついこの前まではポケカはカードショップにも置いていない状態だったので、今ではシングルカードを購入できて嬉しく思っています。

 

しかし、ふと思ったのです。

カードショップって転売ヤーなんじゃね???

 

なんかカードショップと聞けば絶対正義みたいなイメージを僕は持っていました。

しかし、ポケカの品薄による価格高騰の時期に、カードショップもしっかりカードの値段をバチコリ高騰させていました。

 

カプ・テテフGXを一枚5000円で買い取り、6000円で売っていました。

カードショップの店員は特性「ワンダータッチ」でグズマを持ってきたいからカプ・テテフGXを買い取っていたのでしょうか??

否、はじめから6000円で売るために買い取り募集していたのです!

 

ポケカを楽しむためでなく、利益を出すためにポケカを買って売ったという意味ではカードショップも転売ヤーも同じではありませんか。

 

皆さんはどう考えますか??

 

スポンサーリンク

そもそも俺、転売しちゃってね???

 

皆さんに謝らなければならないことがあります。

僕も転売してました!!!

 

それはある初夏のことです。

いつものようにコンビニに行き、「じんらいすぱーく」を5パック買いました。

家に帰ってパックをむきましたが、残念ながらGXポケモンは1枚も当たりませんでした…しかし、

「サンダーマウンテン◇」が当たりました!!やったぁ!!!!

 

しかし、僕はもうすでに「サンダーマウンテン◇」が2枚ありました。雷タイプデッキはその時点でゼラオラデッキしかなかったので、デッキに1枚しか入らないプリズムスターカードは需要がありませんでした。

 

そこで近所のカードショップに持っていくとなんと買取価格が800円!!

 

と、いうわけで1枚売ってしまいました…

転売してしまったのです。

 

先程「カードショップも転売ヤーと同じ」と言いましたが、カードショップにカードを提供している僕も転売ヤーと同じことをしているといえるのではないでしょうか。

こちらについても皆さんによく考えてもらいたいところであります。

 

なんでカードショップはイイ、転売ヤーはダメ???

 

やってることはほとんど同じなのにカードショップはポケカプレイヤーに愛され、転売ヤーは嫌われるのでしょうか??

僕なりに考えてみました。ここが今日のメインです。

 

①転売ヤーの中ではマナーが悪い人が目立つ

 

転売ヤーは、ポケセンなどで箱を買う段階では普通のポケカプレイヤーと見分けがつかないです。今ではポケカに購入制限が付いている店が多いですが、ポケカブーム真っ只中の8月~9月は一人で何箱でも買えました。

そのため転売ヤーが何箱も買えていた状況だったのですが、同時にポケカプレイヤーたちも金さえあれば何箱でも買えたわけです。

 

そんな中、明らかにポケモンやポケカに愛のない客が増え始めたのです。

例えば列を割り込む客です。多少、転売ヤーではない人でもマナーが悪い人がいた可能性もありますもちろん。しかし、小中学生を押しのけて列に割り込み、一瞬でポケカ新弾を買い占めてしまう様子を見ていると、ポケカをするようにはとても思えません。

 

それから店員に怒鳴る客です。

ポケモンセンターの店員さんといえばポケモングッズを身に着けてポケモン愛に溢れており、笑顔で対応してくれるイメージが強いです。しかし、ポケカ新弾発売日になると、新弾を買い占めるために店員に怒鳴り、午後販売する予定のパックを無理やり午前中に買う、といった行為が話題になりました。

 

こういったマナーの悪い客たちはTwitter上で転売ヤーの悪名をとどろかせた主犯ともいえます。

 

②カードショップはお店がある&ポケカ民がカードを売りに行く

 

転売ヤーとは対照的に、カードショップは基本的にポケカプレイヤーがカードを売りに行きます。そこには自然とポケカに愛がある人があつまり、愛がある人が買います。

それゆえカードを売る事情をよくわかっているわけですね。

カードがあまった、買取価格が高いなどの理由を共有しているからこそ転売をしている意識もなく、非難もまったくしないわけです。

 

あとついでにカードショップの社員やバイトの人は給料もらってるので接客は良いのでマナー違反も特にないですしね。

 

③ちなみに転売行為は全く”ダメ”じゃない

 

転売するという行為はそもそも違法でもなんでもありません。物を買って売ってるだけなので。

転売ヤーに向かって、「おい!!転売やめろよ!!」といってもやめる義務は全くありません(ただしチケット転売など違法な転売もある)。

つまり転売ヤーの皆さんは主としてモラルを説教されているわけですね。

 

転売ヤーからするとポケカはに見えています。しかしその株でカードゲームをしたい人が圧倒的多数なんですね。

2018年夏、ポケカの価格は急上昇したので転売行為はすごく儲かったのです。同時にポケカの面白さも多くの人に伝わったときでもありました。

転売ヤーとポケカ新規参入者、両者の利害がぶつかった結果どちらも悪いことはしていませんが、本来の目的とはずれている転売屋がとなってしまったわけですね。

 

まとめ:カードショップも転売ヤーもやってることは同じ、どっちも違法じゃない

 

調べてみて分かりましたが、転売ヤーだろうがカードショップだろうが、カードショップにカードを売る僕だろうがやってることは転売です。

新弾を箱買いして、いらないカードを売ったら箱代が返ってきたら嬉しいです正直。

 

しかし、ポケカに対する愛が深まればフカマルほど、ポケカを株のように扱う人が憎くみえるのです。

転売ヤーを嫌う人、転売ヤーを減らしたい人も多いかと思いますが、転売ヤーを減らす方法は1つしかありません。

 

ポケモンカードを誰も欲しく思わない

 

これに限ります。ポケカを誰も欲しがらなければ価値はゼロになり、転売しようにも売らなくなり、カードショップでもフリマアプリでも販売されなくなります。しかし…

 

無理ですよね?

 

たとえみんなが欲しくなくなろうとも僕が生きている限りは不可能です。僕に向けて転売されます。というわけで、ポケカの人気と転売ヤーの数は切っても切れない比例の関係にあります。

 

しかしもう一つ、とっておきの方法があります。

 

ポケカの供給量を増やす

 

です。

これはポケモン公式がなんとかするしかありませんが、全ポケカプレイヤーに十分行き渡るほどのパックが流通すれば転売ヤーはいなくなります。

ココ最近、少しずつではありますがポケカの供給量が増えてきました。今までの拡張パックの再販も始まり、入手困難だったパックも買えるようになってきました。

 

今後また何かのきっかけでポケカの人気が爆発的に上がったときに、供給がおいつかず、2018年夏のように転売行為が横行して買いたい人が買えないような事態にならないようにポケカ民も今回の転売フィーバーについてよく勉強しておく必要があります。

 

それと同時に転売ヤーかポケカ民か関わらず、ポケモンセンターでのマナーは死ぬ気で守りましょう。これはカードを買う以前の問題だと思っています。ポケセンに入ったら人はみなサトシになってください。そして家にカードを持ち帰ったら自分の好きにすればいいと思います。言いたいことは以上です。

 

長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

質問・コメントなどあればご気軽にどうぞ。

 

それではまた次回!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。