スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

先日の「ポケモンダイレクト」で発表された「ポケットモンスターソード&シールド」ですが、まだまだ情報は少なく、Twitterでも模索状態が続いています。

 

 

新御三家の「ヒバニー、サルノリ、メッソン」は発表されたものの、伝説などのその他ポケモンに関しての情報はまだ無いです。

Twitterではその後の情報を待ち望んでいる人のツイートが多く見られます。

 

そんな中、Twitterである噂がまことしやかに語られているのをご存知ですか…??

今回はその噂について独自の調査に基づいて考察したいと思います。

 

スポンサー検索

2019年3月4日、公式Twitterに動きが。

 

2019年3月4日の午前9時ごろ、ポケモンの公式Twitterアカウントである「【公式】ポケモン情報局」が意味深なツイートをしました。

それがコチラです。

 

新ポケモンの情報が少ない中で、このツイートはポケモンファンに衝撃を与えました。

 

ツイート内の「TL」は明らかにポケットモンスターソード&シールドの憶測で賑わうTwitterのタイムラインを指しています。

そして「横ギルガルド」とは、聞き慣れない言葉ですが日本語の「横切る」とポケモンの「ギルガルド」をかけ合わせた造語です。「横切る」には「道などを一方の側から他の側へ渡る」という意味があります。

 

そしてここから推測されるのは、「ギルガルドはポケットモンスターソード&シールドに重要な役として登場するのではないか」ということです。

ポケモンダイレクトで新作が発表された直後ということもあり、公式が伏線を張ったという可能性も十分ありえると思います。

 

ギルガルドはどのように新作に登場するのか。

 

ポケモンソード&シールドにどのようにギルガルドが登場するのか考察する前に軽く「ギルガルド」についておさらいしておきます。

 

ソード&シールドを連想させる2つのフォルム

 

ギルガルドは2種類のフォルムを持つのが特徴のポケモンで、その姿が剣と盾なことから「ソード&シールド」にゆかりがあるポケモンとして噂されています。

新作のポケモンは2つのパッケージで発売されるので、新作にギルガルドが登場するとすれば、この2つのフォルムが完全に別のポケモンとなって登場する可能性もあると思います。

 

図鑑のテキスト

ポケットモンスターX、オメガルビー
れきだいの おうが つれていた。れいりょくで ひとや ポケモンの こころを あやつり したがわせる。

 

ポケットモンスターY、アルファサファイア
おうの そしつを もつ にんげんを みぬくらしい。みとめられた ひとは やがて おうになると いわれている。

 

ゲームによって文言は異なるものの、共通していることは「」と関連しているということです。

そしてソード&シールドにはこの「王」を連想させるような大きな要素があります。

それが地図です。

 

ポケットモンスターソード&シールドの舞台となる「ガラル地方」は、地図を見る限り「イギリス」の形をしているように見えます。イギリスでは現在でも王族が存在し、ギルガルドの図鑑にあるような「」との関連性も強いです。この偶然が何を意味しているのかまだわかりませんが、ギルガルドが新作に登場する可能性というのは、舞台の地図によってさらに高まったと言って良いでしょう。

 

聖剣エクスカリバーが元ネタか。

 

聖剣エクスカリバー」とは、イギリスの「アーサー王物語」に登場するアーサー王が所持している剣で、ブリテン島の正当な統治者の象徴とも考えられているものです。

エクスカリバーといえば、岩からアーサー王が引き抜くシーンが有名で、アーサー王にしか抜けないことから「王の素質を見抜く剣」といわれています。

ギルガルドの図鑑の説明にある「れきだいのおうがつれていた」や「おうのそしつをもつにんげんをみぬくらしい」という文言から、ギルガルドの元ネタは聖剣エクスカリバーであることが推測されます。

 

スポンサーリンク

浮かび上がる新作での登場図

 

ポケットモンスターソード&シールドにギルガルドが登場するとしたら、皆さんはどのような形で登場すると考えますか?

私の中では2つの有力なストーリーが出来上がっています。

それがこの2つです。

 

・伝説のポケモンの武器として登場する(合体する)説

・スーパーギルガルド(仮称)が伝説のポケモンとして登場する説

 

ポケモンを長年やってきたマタンが自信をもって予想するのがこの2つの説です。

それぞれの予想理由を説明していきます。

 

仮説1:伝説のポケモンの武器として登場する(合体する)説

 

1つめの説は、ギルガルドは王が所持していたという話に基づいて考えた説です。ソード&シールドには伝説のポケモンは1種類しかいないと仮定して、その伝説のポケモンが王であり、ギルガルドを所持しているのではないかという説です。つまりソード版にはブレードフォルムのギルガルドを所持したポケモンが出現し、シールド版にはシールドフォルムのギルガルドを所持したポケモンが出現するということです。近いのはブラック2・ホワイト2のキュレムでしょうか。

 

この説は十分にありえます。

おもな理由としては、伝説のポケモンが出現するのはイギリスの「バッキンガム宮殿」にあたる場所なのではないかと考えたからです。

となればバッキンガム宮殿はイギリス王室が住んでいる場所ですから、王や王女に関連したポケモンが出現しても不思議ではないですし、そのポケモンが王の武器たるギルガルドを所持している可能性は高いからです。

 

ソードとシールドでそれぞれ王と王女の姿をしたポケモンが登場し、それぞれブレードフォルムとシールドフォルムのギルガルドを持っているという流れなら、ゲームのストーリーも作りやすそうですし、伝説のポケモンらしい特徴になりえるのではないでしょうか。

 

仮説2:スーパーギルガルド(仮称)が伝説のポケモンとして登場する説

 

 次の仮説はギルガルドそのものが進化して伝説のポケモンになるというものです。ギルガルドの初登場はポケモンX・Yで発売から6年が経過しています。過去作のポケモンが伝説のポケモンとして登場するなんて前代未聞ですが、最近ではアローラ地方で同じポケモンの違う姿も発見されているので、流れ的にはあり得ると思っています。カロス地方では6番道路に出現するヒトツキですが、ガラル地方ではギルガルドが街を司る王になっているというストーリーです。

 

この説はギルガルドの図鑑にある「れいりょくで ひとや ポケモンの こころを あやつり したがわせる。」という部分に注目しました。

多くの人やポケモンを操れば王になることは簡単ですし、霊力に心を奪われて人々を操り続けた悲しき王というストーリーはゲーム的にも面白そうです。

 

この説ではソード&シールド用にスーパーギルガルドが2種類存在することになっていますが、そこに関しては「王になりたいギルガルドがオスとメスで2匹いた」という設定を付け足せば可能です。

今のイギリスの王は女性ですから、伝説のポケモンが王女の姿をしている可能性は多いにあります。つまりラティオスとラティアスみたいな違いです。

 

ポケットモンスターソード&シールド、謎は深まるばかり。

 

3月4日のツイートがきっかけで始まったシリーズで異例のストーリー予測ですが、未だに熱を帯びています。

私としては、予想することを楽しみつつ、公式からの情報が出た際に予想が外れたからといってなにかに攻撃するのはやめてほしい気持ちでいっぱいです。

 

舞台が日本ではなくなったり、ギルガルドを連想させるタイトルであったことから今回の検証は始まったのですが、皆さんはどう感じましたか?

これで公式の情報が発表された時に私の予想が多いに外れる可能性もあるでしょう。そしてそのとき私は読者から責められるかもしれません。

私を責めるのは一向に構いませんが、1つだけ伝えたいのは

 

「ポケットモンスターは発売前から楽しい」

 

という確かな事実です。

私はソード&シールドのストーリーが予想と全然違うとしてもゲームを楽しむでしょう。みなさんにもポケモンを発売前から最大限楽しんでほしくて今回はこんな記事を書きました。

この記事を読んでくれた人にはぜひ、公式の動向1つ1つを疑って、新作のストーリーを予想してほしいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。