スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回はスマブラでもすっかりおなじみのベヨネッタ姉さんが登場する「ベヨネッタ」のNintendo Switch版をレビューしていきたいと思います。

なお、スイッチ版のベヨネッタはダウンロード版のみの販売ですので購入の際は注意してくださいね。

スポンサー検索

エロい、カッコいい、手厳しい。

 

ベヨネッタ姉さんはご存知の通りドSである。

ゲーム中も多彩なコンボを使いながら天使たちを倒していくが、必殺技に拷問器具を使用するなど手厳しい面が多い。

しかしストーリー中のムービーでは、冗談をいったり下ネタを使うなどユーモアを忘れない。

 

バトルシステムやアクションシーンももちろん魅力の1つだが、ベヨネッタやルカといった登場人物たちのキャラの濃さも「ベヨネッタ」というゲームの大きなポイントになってくる。

コメディシーンはマジで笑う。

 

ウィッチタイムが楽しいけど難しい

 

「ベヨネッタ」が他のアクションゲームと違うポイントとして「ウィッチタイム」の存在がある。スマブラでいうと下必殺である。

相手の攻撃のタイミングに合わせて回避することで相手の動きを遅くするウィッチタイムが発動する。

 

この間に一方的に攻撃するのだが、ウィッチタイムの発動はアクション初心者にとっては苦労する点だと思う

私もアクションゲームは苦手な方だが、数をこなしていくうちに慣れてきたので安心してほしい。

 

スポンサーリンク

2009年発売にしては美しいグラフィックス

 

ベヨネッタは移植を繰り返してきた作品であり、初代Xbox 360/PS3版の発売は2009年の10月です。

発売から10年が経過しようとしているのにもかかわらず、内部解像度720pは十分に美しく映ります。

アクションシーンはもちろんのこと、ストーリーに差し込まれるムービーもベヨネッタの楽しみの一つなので、携帯モード・TVモード両方で美麗なムービーが楽しめる。

 

ド派手な必殺技がキモチイイ。

「ベヨネッタ」のボス戦では拷問器具を使ったトーチャーアタックや、ケルベロスなどの魔獣を召喚する大魔獣召喚などの必殺技が存在する。BGMやムービーと合わさって本作で一番爽快な要素といえます。

 

トーチャーアタック

 

ベヨネッタが拷問器具や処刑器具を使用する攻撃で、中ボスにも大ダメージを与えることができます。

女の敵を三角木馬に乗せたり、変な生き物をギロチンしたりと、かなり攻めた内容になっています。

ボタン連打やレバガチャでゲージを貯めるのですが、敵を倒すために結構がんばっちゃいます。音楽も合わせてテンションが上がるシーンですので「ベヨネッタ」の楽しさを語る上では欠かせない要素です。

 

大魔獣召喚

 

ドラゴンやインコやムカデなど、ベヨネッタが契約している魔獣を召喚してボスを倒します。

トーチャーアタックと同じようにレバガチャでゲージを貯めるのですが、演出もトーチャーアタックより派手で爽快感もより強力です。

 

正直2周目のほうが面白い

 

ベヨネッタはスルメゲーで、はじめにクリアした難易度の一個上の難易度で2周目を始めたら格別に面白くなります。

難易度はVery easy、Easy、Normalの三種類がありますが、Normalをクリアすると「難易度Hard」が出現し、Hardをクリアすると「難易度∞CLIMAX」が出現します。

∞CLIMAXのクリアは相当難しく、敵が大幅に強化されている上にウィッチタイムを使うことができません。

∞CLIMAXをクリアするとベヨネッタはやり尽くしたといって良いでしょう。

 

ちなみにアクションが苦手な人はEasyから始めることをおすすめします。ストーリーの途中でも難易度は変更可能なので自分の腕に合わせて変更しましょう。

私も最初はEasyからプレイしました。Easyモードではウィッチタイムなどを自動で発動してくれるオートマチックモードも選択できるのでアクションが苦手な人でも気軽にベヨネッタの世界観を楽しむことができます。

 

まとめ:スタイリッシュで爽快感はかなり強い

 

綺麗なグラフィックとカッコいいBGMで、テンションはかなり上がるゲームになっています。

アクションゲームとしても完成度が高く、∞CLIMAXをクリアするのはアクション上級者でも難しいのではないでしょうか?

 

普段RPGばかりプレイしている筆者でも難易度調整しながら気軽に世界観に浸ることができたので楽しかったです。

逆にベヨネッタの世界観に合わない人は楽しくプレイできないかもしれません。

例えばベヨネッタはかなりムービーが長いですが、私はそこに魅力を感じました。ベヨネッタというキャラクターが好きになれるかどうかでこのゲームの評価も変わると思います。

 

総合評価 星4.5/5

 

プレイ時間:約20時間

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。