スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回は2017年9月22日発売のSwitch版「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」のレビューをしていこうと思います。

遊んでみて良かった点や不満点などの評価を書いていくので購入を検討されている方は参考にしてみてください。

※本名でプレイしている関係で、プレイ画面に一部加工をしています。

 

 

スポンサー検索

ポケモンでアクションをする斬新さ

 

普段ポケモンのメイン作品をプレイしている私からするとポケモンでアクションをするのは衝撃でした。

ポケモンの派生ゲームもかなりありますが、ここまで多くのポケモンを使えるアクションゲームは他にないので、ポケモンによるアクションを十分に味わえます。

プレイアブルポケモンは20種類を超えていて、個性的なアクションを楽しむことができます。

 

3Dアクションゲームとしての完成度は高く、アクション初心者に優しく、上級者にも楽しめるゲームになっていると思います。

 

初心者でも楽しめる仕組みがたくさん!

私はアクションゲームがそこまで得意ではないですが、「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」には初心者でも3D格闘ゲームが楽しめるような仕組みがたくさんありました!

 

ナビゲーターが親切丁寧

 

ポッ拳の主人公には女性ナビゲーターがついており、ゲームの各所でアドバイスをもらえます。

格闘ゲーム特有のアクションや、ポッ拳のゲームシステムについて対戦中でもコメントで教えてくれるので、ポッ拳に慣れるまでは何度も助けられました。

 

コンボ道場で何度でも練習できる!

 

格闘ゲームで欠かせないのがコンボですが、初心者にとっては大きなハードルです

ポッ拳のコンボ道場で入力やキャンセルのタイミングなどを何回でも練習できるので、一気に初心者を卒業することができます。

個人的に、好きなポケモンを一体決めてコンボ道場をやり尽くしておくと、オンラインでもかなり戦えるようになっています。

 

スポンサーリンク

戦略性あるゲームシステム

 

3すくみシステム

 

ポッ拳では「攻撃、ブロック攻撃、つかみ」の3つの要素がじゃんけん関係になっていて、戦略性と駆け引きのハラハラ感が高まります

説明書を読まなくても理解できるシンプルなシステムなので、とっつきやすく楽しみやすいです。

 

バーストアタック

 

バトルをしていると貯まる共鳴ゲージを消費して「共鳴バースト」することができます。

そして共鳴バースト状態でL+Rを押すことで発動できる必殺技がバーストアタックです。

 

各ポケモン特有の必殺技で相手に大ダメージを与えることができます。

バーストアタックは共鳴バースト中に1度しか使えないのでここぞという時に使って勝利を掴みましょう!

 

サポートポケモンたちも勝利を手助け

 

サポートポケモンは攻撃やエンハンスなど、様々な効果でプレイヤーを手助けしてくれます。

バトルの時は2匹1組のサポートポケモンを選択することができるので、使用するポケモンに合わせた効果を持つポケモンを選びましょう。

 

オンライン対戦もアツい!!

 

ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DXではオンラインでランクマッチと、フレンドと戦うフレンドリーマッチなどで遊ぶことができます。

ランクマッチでは勝利数や勝率によって決まるランクを高めていくレーティング要素があるモードで、世界中の人と腕を競い合うことができます。

プレイ人口はとても多いので、マッチングも爆速でいつでも遊ぶことができます。

 

若干あるマイナスポイントたち

「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」は完成度が高いゲームですが、いくつか気になるポイントがあったので紹介します。

 

遠距離タイプのポケモン強くない??

 

ポッ拳は近距離攻撃が得意なポケモンと遠距離型のポケモンがハッキリ分かれています。

3Dのフェイズでは特に差が顕著で、近接攻撃が得意なポケモンは遠距離ワザを飛ばしてくる相手に対して近づくのがとてもむずかしいです

オンラインの低レート帯では遠距離ポケモンを使うだけでかなりの勝率がでてしまうので、バランスが少し悪いなと感じました。

 

ストーリーが短い&ボリュームが微妙

 

ポッ拳DXには「フェルムリーグ」というモードがあり、リーグ戦を勝ち抜いてダークミュウツーと謎の女の子の正体に迫ります。

4つのリーグ戦を勝ち抜いて、各リーグで優勝するたびにストーリーが進んでいきます。

 

各ポケモンにストーリーが用意されているわけではなく、一本道のストーリーが存在するだけなのでボリュームとしてはイマイチに感じました。

しかし最初から全ポケモン解放済みで、いきなりネット対戦もできるので快適といえば快適でした。

自分の使用するポケモンを練習するために「フェルムリーグ」を活用してもいいかもしれませんね。

 

まとめ:ポケモンが好きになれる親切な格ゲー。

 

「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」は、ポケモンの派生作品ながら完成度の高いアクションゲームに仕上がっています。

普段ポケモンに触れていないアクションゲーマーも、魅力的なポケモンたちと十分に楽しめる内容になっていると感じました。

逆に普段ポケモンを遊んでいる非アクションゲーマーでも気軽に遊べる親切なゲームシステムになっているともいえます。

 

2019年になってもなお売れ続けているロングヒット作なので、今からでも十分楽しめると思います。

オンライン対戦だけでなく、ローカル対戦で友達と遊ぶのも楽しいので、買っても長く遊べるゲームになっていると感じました。

ぜひ「ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX」で遊んでみてください。

 

総合評価 星4/5

プレイ時間 約20時間(現在進行中)

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。