スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

 

最近、街を歩くたびに

「僕のデッキには火力が足りなくてニ進化GXポケモンが微妙に倒せない…

だとか

「戦略的に勝つのもいいけど圧倒的パワーで勝ちたい…」

という声をよく耳にします(難聴)

 

というわけで、本日はポケカで最高クラスの火力を持つ

ウルトラネクロズマGXカラマネロデッキみがわり紹介!!

 


スポンサー検索

カラマネロ軸のレシピ

 

 

これがよくみる超タイプのカラマネロを軸としたウルトラネクロズマGXのデッキレシピです。

 

 

カラマネロは、トラッシュに落とした超エネをベンチに供給できる優秀な特性「サイコリチャージ」を持っています。

この特性を使ってベンチポケモンに超エネを貼っていき、スタジアム「月輪の祭壇」を利用してポケモンを交代しながら相手を気絶させていきます。

 

 

暁の翼ネクロズマGXも非常に相性がよく、特性「インベイジョン」によってダメージを受けたバトル場のポケモンをベンチに逃がすことが出来ます。

 

技も抵抗力を無視して120ダメージという強力な技を持っているのでバトル中盤で大活躍します。

 

 


店舗優勝デッキの紹介

 

実際の店舗で行われた大会での優勝デッキレシピを紹介します。

サポートやエネルギーのバランスなどを参考にしてみてください。

 

 

 


スポンサーリンク

入れ替え候補

 

上に紹介したデッキレシピのカードの他にウルネクGX+カラマネロデッキと相性がいいカードがありますので紹介します。

カスタマイズの参考にしてみてください。

 

ツボツボ

 

 

ゼラレックデッキでお馴染みのツボツボです。

 

特性「なましぼり」によってトラッシュに超エネルギーを落とすことができカラマネロのサポートをします。

 

しかし、ウルネクデッキカラマネロ等でベンチが埋まりやすいので注意が必要です。

 

ネクロズマあかつきのつばさ

 

 

サイドの制限がありますが、1エネで強力なダメージを与えることが出来たり、特性「ひかりのけっかい」を持つアロキュウや「バンデッドリング」を持つフーパ対策として活躍する非GXアタッカーです。

 

ルナアーラ◇などと選択になります。

 

メタグロスGX

 

 

ご存知メタグロスGXは鋼デッキの代表格を務めるカードですが、その特性「ジオティックシステム」の効果には超エネルギーも含まれていることをご存知でしたか…??

 

カラマネロサイコリチャージに比べて、トラッシュにある鋼エネルギーも再利用することが出来ます。

カラマネロに比べて攻撃力が高く、メインアタッカーとしても使える一方で、

一進化のカラマネロに比べて二進化のメタグロスGXは立つのが遅く、ゼラレック等の早めのデッキには何も出来ずにボコられるというリスクが高まります(笑)

 

それと同時にデッキスペースも多く取られるので、完全に好みの問題かなと思います。


デッキの回し方

 

「デッキは組めたけどどうやって使うの!!!」

という人のために基本的な動きを紹介します。

序盤

 

●カラマネロを最速で立てよう!

このデッキの軸はカラマネロだ。マーイーカを2,3体はベンチに並べて、序盤からエネルギーを供給できるようにしよう。序盤は、超エネルギーは手張りに使わず、ミストレなどでトラッシュに捨てる素材にして、手張りは積極的に鋼エネルギーをウルネクに貼っていこう。

エネルギーをトラッシュに貯めよう!

このデッキは逃げるなどでエネルギーをトラッシュしてもカラマネロで再利用することができる。ベンチを育てるためにも、かんこうきゃくハイパーボールで超エネルギーをトラッシュに送ってベンチのウルネクあかつきネクロズマに貼っていこう。

 

中盤~終盤

 

●ダメージ管理をしながら相手を気絶させよう!

ウルネクあかつきネクロズマが育ってきたら技を使って相手を気絶させよう。月輪の祭壇グズマを使って相手のベンチの育っていないポケモンカプテテフGXなどを攻撃するのもいい。

こちらのポケモンは気絶しないようにベンチに逃げながら戦おう!

●ビーストリングを上手く使おう!

 

 

ビーストリングは相手のサイドの枚数に制約があるものの、ポケモンに一気にエネルギーを供給できる強力なグッズだ。タイミングをみて使おう!


まとめ

 

いかがだったでしょうか?

 

フォトンゲイザーを使えばどんなポケモンでも大抵は一撃で落とすことができるでしょう。

 

盤面が完成すれば安定して勝利を掴むことができるデッキなので初心者の方にも十分オススメすることができるデッキです。

 

当サイトのレシピをそのまま組むのもいいですが、入れ替えカードを参考にオリジナルデッキを組むのもいいですよ♪

 

デッキの基本的な組み方を知りたい人は当ブログの「初心者向けのデッキ構築」の記事も参考にしてみてください。

 

参考にしていただけたら幸いです。

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。