スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回はフルメタルウォール収録のフェローチェ&マッシブーンGXの紹介です。

カード解説、評価、採用デッキについて紹介します。

 

スポンサー検索

フェローチェ&マッシブーンGX

 

フェローチェ&マッシブーンGX

HP260 たね

草 ジェットパンチ 30
相手ベンチポケモン1匹にも、30ダメージ。[ベンチは弱点・抵抗力を計算しない]

草草無 エレガントソール 190
次の自分の番、このポケモンの「エレガントソール」のダメージは「60」になる。

草+ ビーストゲームGX 50
このワザのダメージで、相手のポケモンがきぜつしたなら、サイドを1枚多くとる。追加でエネルギーが7個ついているなら、多くとる枚数は3枚になる。

弱点 炎×2 抵抗 なし にげる 無無

 

特徴

 

①高いHP、攻撃力

 

フェローチェ&マッシブーンGXはタッグチームや他のたねポケモンの中でもトップクラスに高いHPを持っています。

さらに技に関しても制限はあるものの3エネで190と、攻撃力もあります。

この高いスペックを活かしてタッグチームと殴り合うこともできるので、デッキ次第ですが環境の第一線で戦うこともできるエースカードになっています。

 

②UB関連カードの恩恵を受けることができる

 

ウルトラビーストには「ビーストリング」をはじめとした専用カードが多く存在します。

フルメタルウォールでも「ビーストブリンガー」が追加されました。

これらの恩恵を受けれるのは非常に大きく、普通のデッキより大幅に早く場を整えることができます。

 

スポンサーリンク

相性のいいカード

 

①フシギバナ

 

フェローチェ&マッシブーンGXの「ビーストゲームGX」の追加効果を得るためにはエネルギーが8個必要です。

手貼りだけで8ターン稼ぐのは現実的ではありません。

 

そこでフシギバナの特性「みつりんのぬし」を使えば草エネルギー4個で8個分の働きをすることができるので、ビーストゲームGXの追加効果が発動しやすくなります。

サイド一気取りのコンボを狙うなら必須のポケモンです。

 

②テッカグヤGX

 

フルメタルウォールで登場した無色のウルトラビーストです。

テッカグヤGXがバトル場にいれば、自分のポケモンは相手のGXワザのダメージや効果を受けなくなります

ベンチのフェローチェ&マッシブーンGXを守りつつ育てることができます。

 

3エネで使える「パワーサイクロン」は110ダメージと、火力は控えめながらエネルギーを1個ベンチポケモンに移すという効果を持っています。

これによりテッカグヤGXで攻撃しつつフェローチェ&マッシブーンGXにエネルギーを付けることができるようになります。

デッキに1枚は採用したいカードです。

 

③カミツルギ

 

非GXのアタッカーとしてはフルメタルウォール収録のカミツルギがオススメです。

「ダイキリ」によって自分のサイドが4枚なら1エネで130ダメージという火力をだすことができます。

3エネで使える「みねうち」も強力なので、非GXアタッカーとして採用したい1枚です。

 

④チェリム

 

特性「おてんきガード」によって自分の草ポケモンの弱点をすべてなくすことができます。

草タイプの多くは炎タイプが弱点であり、炎タイプには高火力のポケモンが多いです。

 

そこでチェリムによって弱点を無くしてしまうことで炎タイプのデッキにも不利なく戦うことができます。

フェローチェ&マッシブーンGXを長く残すためにも、環境に炎タイプが多い時は採用したいカードです。

 

⑤ビーストブリンガー

 

サイド6枚の時のみ発動する効果ですが、ウルトラビーストのワザのダメージで相手のGX・EXポケモンを気絶させたときにサイドを1枚多く取ることができます

フェローチェ&マッシブーンGXの「ビーストゲームGX」によるサイド一気取りデッキを組む時は必須のカードになります。

 

サイド6枚を中盤~終盤まで維持して相手のGXポケモンを狙い撃ちするプレイングをする必要があります。

コンボデッキにしては非常に有力なデッキになると思います。

 

採用デッキ

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。