スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2です(^^)

 

5月31日に発売される「ミラクルツイン(sm11)」ですが、特徴的なカードが多くてどれが当たりなのかわからないですよね…

そこで今回は全収録カードの中から特に注目のカード(個人的に当たりだと思ったカード)を厳選して紹介します。そして組み合わせたいデッキやカードも一緒に紹介しますので参考にしてみてください。

紹介するカードはすべてカードナンバー順に紹介しますので、カードの紹介番号で優劣がついているわけではないのであしからず。

 

スポンサー検索

注目カード【ポケモン篇】

 

①ハハコモリ

 

特性「おくるみテーラー」によって草ポケモンを要塞化することができるハハコモリの登場です。

おくるみテーラー
このポケモンがいるかぎり、自分の草ポケモン全員が、相手のポケモンから受けるワザのダメージは「-40」される。この効果は、この特性を持つポケモンが何匹いても、重ならない。

 

もともと耐久力が高いポケモンが多い草タイプですが、物理防御を強化する特性持ちポケモンとして活躍しそうです。

-40ダメージは低火力のデッキには特に刺さり、ジラサンなどを相手にするときは特に頼りになるダメージ軽減でしょう。天敵の炎タイプには火力が高いポケモンが多いので、炎ワザの1撃を耐える可能性をもたせられるというのも大きなメリットです。

 

2進化ポケモンのハハコモリですが、モクロー&アローラナッシーGXやメガニウムなどの進化をしやすくするポケモンと組み合わせると強力です。

特に最近流行りのモクロー&アローラナッシーGXデッキにピン刺ししてベンチに置いておくとダメージレースで有利になること間違いなしでしょう。

 

②ヤドン&コダックGX

 

水タイプの新タッグチームとしてヤドン&コダックGXの登場です。

ぽいぽいスプラッシュ」が強力で、手札にあるサポートを好きなだけトラッシュしてダメージを出すという変わった効果を持っています。

ぽいぽいスプラッシュ
水水 40×
自分の手札にあるサポートを好きなだけトラッシュし、その枚数×40ダメージ。

 

通常のデッキの場合、デッキに入っているサポートの枚数には限界があり、ヤドン&コダックGXは大してワザの威力を出すことができません。しかしミラクルツインでヤドン&コダックと相性がいいカードが収録されます。

 

それがTwitterでカスミが可愛いで話題の「カスミのおねがい」です。

効果はデッキにあるサポートを3枚まで手札に加えるという単純かつ強力な効果で、バトルシャトレーヌ嬢とも相性がいいサポートです。

「カスミのおねがい」を利用することで毎ターン安定してサポートを手札に集めることができ、ヤドン&コダックGXも火力が上がります。

そしてもう一枚…

 

このラプラスの特性「マーメイドコール」を使うことでトラッシュの「カスミのおねがい」を回収することができます。

ラプラスを複数体並べることで毎ターン手札にサポートを集めることができ、「ぽいぽいスプラッシュ」は強力なワザになります。

 

ヤドン&コダックGXは2エネで動ける軽いタッグチームなので、ヌオーなどは入れずに「カスミのおねがい」軸で組むといいと思います。

 

③ミュウ&ミュウツーGX

 

そしてパッケージカードである「ミュウ&ミュウツーGX」の紹介です。

5月序盤にはリーク画像がTwitter上で出回っていて、強力な特性と「無人発電所」へのビビり方が話題になっていました。

ミュウミュウGXはワザをもっておらず、特徴はなんといっても特性「パーフェクション」です。

パーフェクション
このポケモンは、自分のベンチまたはトラッシュにある「ポケモンGX・EX」が持っているワザを、すべて使える。[ワザを使うためのエネルギーは必要。]

 

一見するとマーシャドーGXの特性「シャドーハント」と同じような効果に思えますが、ミュウミュウGXの「パーフェクション」はGX・EXポケモンのワザのみ、進化ポケモンのワザでも使えるという違いがあります。

サーナイトGXやジュカインGXなど、強力なワザを持つ進化GXポケモンを活かせるようになるので、デッキ構築の幅が広がったといえます。

 

そしてミュウミュウGXはどのGXデッキにも組み込むことが可能なので、超弱点の闘タイプを対策したいデッキは採用するといいでしょう。

特に2進化デッキを組んでいる人にとってはミュウミュウGXを採用するだけでエースポケモンを増やすことができるので特にオススメです。

汎用性が高いカードですので、パック発売後は4枚揃えておくと良いでしょう。

 

④ラティオスGX

 

超タイプにタッグチームキラーのラティオスGXが登場です。

特性「パワーバインド」により、場に5匹以上のポケモンがいない場合は攻撃することができませんが、3エネで使える「タッグパージ」により次のターンのタッグチームからのダメージを防ぐことができます。

「タッグパージ」は二子玉対応な上、120ダメージと威力もそこそこあるのでかなり優秀なワザです。「無人発電所」などと組み合わせて特性を消してあげると強力なポケモンになると思います。

 

そしてGXワザ「クリアビジョンGX」もかなり強力で、相手のGXワザ使用を禁止することができます。

タッグチームのGXワザは強力で、ルカリオ&メルメタルGXデッキのようにデッキの軸になっていることもあるので封じることができればかなりのアドバンテージを稼ぐことができます。

しかし「クリアビジョンGX」を使うことで自分も結局GXワザを使うことができなくなってしまうので、相手のデッキを探ってから使用することをオススメします。

 

⑤ネクロズマ

 

個人的に注目したのはこの非GXのネクロズマ!

単体性能がかなり高い超タイプのサブアタッカーとして活躍してくれそうな1枚です。

 

なんといっても「スペシャルレーザー」が強力で、ネクロズマに特殊エネルギーがついていれば160ダメージ出すことができます。

グランブルの「スッカラカン」同様に非GXの中では威力がトップクラスのワザになります。ネクロズマはたねポケモンでワザの条件もゆるいため、サブアタッカーにはピッタリだと思います。

「バリアアタック」が二子玉に対応しているのに「スペシャルレーザー」は対応していないのが残念な点ではありますが、超タイプにはカラマネロがいるのでエネルギー集めには困らなそうですね。

特殊エネルギーとしてはユニットエネルギーか、カウンターエネルギー、ミラクルツイン収録のウィークガードエネルギーがオススメです。

 

⑥プテラGX

 

かせきポケモンたちが大幅に強化されましたが、化石GXポケモンも新登場しました。

プテラGXは210とHPが高く、逃げエネもないので使いやすいポケモンです。技は3エネ120ダメージと平凡ですが逃げエネが無いことを活かしてベンチと交代しながら戦うと良さそうです。

特性「げんしのかぜ」はプテラGXがバトル場にいるときに相手のたねポケモンの技のエネルギーを無色1個増やす効果をもっていて、若干攻撃を受けにくくなるので嬉しい特性です。

 

「ワイルドダイブGX」は相手のバトルポケモンについているエネルギー×50ダメージと、使いやすい攻撃技です。

1エネで使うことができるので不意をつくこともできるので使い勝手はよさそうな技ですね。

 

プテラGXを使うには新スタジアムの「ポケモンけんきゅうじょ」が欠かせません。

化石ポケモンを2枚までベンチに出せる強力なスタジアムなので、ラムパルドやトリデプスなどの化石ポケモンとあわせてデッキを組んでみてください。

 

⑦メガヤミラミ&バンギラスGX

 

あくタイプの新タッグチームで「メガヤミラミ&バンギラスGX」が登場しました。

特性などはなく、単純明快な攻撃技を持っているポケモンです。HPも高く、技の威力も高いのでデッキの切り札として活躍しそうな1枚です。

 

「グリードクラッシュ」は5エネと必要エネ数が非常に多いですが、210ダメージと高火力でGX・EXポケモンを倒した時にサイドを1枚多く取ることができます。

つまりGXポケモンを2体倒せば勝つことができるので、210ダメージあれば火力は十分でしょう。

 

ギガフォールGX」に関して、アクジキングGXからの「クチナシ」などの手順を使わなければあくタイプでエネルギー10個集めるのはかなり大変で、スピードが早い現環境では厳しいと思います。しかし追加のエネルギーは何でもよいので「トリプル加速エネルギー」を使えばワンチャンありそうです。

相手の山札15枚削りはバトル終盤で使えばLOエクストラウィンの確率はかなり上がると思います。

 

⑧エルフーン

 

妖タイプで注目したのは非GXのエルフーンです。

特性「でたとこサーチ」が魅力的で、進化したタイミングでデッキから好きなカードを1枚手札に加えることができます。

 

使い方としてはカプ・テテフGXの「ワンダータッチ」のようにサポートをサーチする使い方や、ワンダーラビリンス◇のようにデッキに1枚しか入れられない、もしくはピン刺ししているカードをサーチするのに役立ちます。

しかし進化ポケモンなので、採用する場合はエルフーンGXをアタッカーにしてモンメンを採用しやすくするのがオススメです。

 

⑨カイリューGX

 

トリプル加速エネルギーと相性のいい「カイリューGX」です。

2進化ポケモンらしい高いHPと攻撃力が魅力で、無色エネルギーで攻撃できるので色々なタイプと組み合わせることもできそうです。

 

注目の技はやはり「てんくうのさばき」で、5エネを必要とする代わりに270ダメージと火力は十分です。

エネを3個トラッシュするデメリットがありますが、ポリゴンZの特性「クレイジーコード」と「リサイクルエネルギー」を組み合わせることで使いたい放題にできます。

 

やはり思いつくのはポリゴンZ軸のデッキで、ダブル無色エネルギーなどの特殊エネルギー中心にエネルギーを貼ると強いのではないでしょうか?

2進化ポケモンということで行動が遅めになってしまったり、進化素材が揃わなくて事故る可能性があることは否めないので調整が難しいデッキになりそうです。

 

注目カード【トレーナーズ篇】

 

①グレートポーション

グレートポーション

ポケモンGXポケモンのHPを50回復するというEXポケモン泣かせなグッズで、サナニンフGXデッキなどのコントロールデッキと組み合わせると強力なカードです。

100~150ダメージの火力が中心となるデッキでは、タッグチームを2回以上攻撃して倒さねばならず、「グレートポーション」を使われると必要な攻撃回数が1~2回増えることになります。

 

サナニンフGXデッキのようにエネの付替えが簡単で、アセロラなどの回収手段を持っているデッキに入れると安定性が増します。

耐久力があるデッキにはぜひ採用したいグッズです。

 

②カスミのおねがい

 

ありそうでなかったサポートをサーチするサポートで、採用できるデッキは少ないですがかなり強力なカードです。

 

特に採用したいのは「ヤドン&コダックGXデッキ」と「シャトレーヌデッキ」です。

ヤドン&コダックGXに関しては先程も書いたので詳しい説明は省きますが、ラプラスを使って「カスミのおねがい」を毎ターン回収できるのでコンボパーツとして非常に優秀で必須カードです。

シャトレーヌデッキは「ルミタン」を中心に4枚のサポートを集める必要があり、「カスミのおねがい」を使うだけで3枚も集めることができるのでかなり強力です。

 

カスミ、シャトレーヌ嬢が好きでデッキを組みたい人にはたまらないミラクルツイン1の強カードになりそうです。

 

③まどろみの森

 

状態異常デッキ用のスタジアムとして「まどろみの森」が新登場しました。

おたがいのプレイヤーの眠りの時に投げるコインの回数が2回になり、目覚める確率が25%まで下がります。

 

ダメージを与えつつ眠らせる技を持つポケモンと組み合わせることで一方的に殴ることができるデッキを組むことができます。

 

オススメはミラクルツイン収録のモロバレルで、特性「ぼうはつほうし」により進化元のタマゲダケを場に出した時に相手のバトルポケモンを毒と眠りにすることができます。

相手のポケモン交換手段に限りがあると考えれば、バトル終盤は眠った相手を一方的に攻撃することもできそうです。

 

技も優秀で、「ベノムショック」は相手が毒状態なら90ダメージとなり火力もそこそこあります。

組んでみたら案外強そうな面白いデッキができそうです。

 

スポンサーリンク

注目カード【トレーナーズレア篇】

マタンがTRを紹介しつつ雑なぐりするおまけコーナーです。

興味ない人はブラウザバッグ、Twitterのフォロー推奨です。

 

①ともだちてちょう

 

あんだけ通信対戦する相手がいる人がポケモン界隈にどれだけいるのか知りませんが、おそらくレート対戦の記録をしている手帳でしょう。

トラッシュのサポートを山札に戻してきるという冷静に考えてみれば脈絡のない効果をしています。

 

イラストはベッドの上に広がったともだちてちょうを描いていて、日々バトルに励む少女の姿が浮かんできそうです。

手帳を広げてどこかへ行ったのは新しい構築が浮かんだからであり、付箋の色から察するに「バシャサンダーナット」の使い手だったと推測できます。

恐ろしい少女です。

 

②ポケギア3.0

 

山札の上から7枚の中にあるサポートを1枚手札に加える効果で、最近採用しているデッキも多いです。

初登場がナイトユニゾンなので、トレーナーズレアになる早さはトップクラスですね。ポケギアの人気が伺えます。

 

イラストはポケモンギアの女の子版で非常にキュートなモデルになっています。

役割としては現在の携帯電話のようなものなので、本当にポケギアみたいなスマホあったらいいなと思ったりもします(買わないけど)

ちなみに玩具として現実世界でも販売されているので気になる方は購入してみてください。

③ミステリートレジャー

 

超、龍タイプのサーチカードとしてとても優秀なミストレは、一時期入手が困難で価格が高騰していた記憶も新しいカードですね。

個人的にもっと早くTR化すると思っていたので、待ちわびた登場でした。

 

イラストは「劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇」のような世界観で、まさにミステリートレジャーのような見た目でカッコイイです。

「ミステリートレジャー」って他にはどんなものがあるんだろうと調べようとしても今ではこのカードしか出てこないですね。

 

④かんこうきゃく

 

SR溶接工に対抗してか、自撮りで美貌を表現してきた一般観光客がトレーナーズレアになりました。

カードとしては手札を大量トラッシュできることからデッキ圧縮として重宝されたカードです。

 

手に持っているアイスがどことなくシェイミに見えることからソノオタウンなのではないかと推測していますが、実際どこにいるんでしょうね。

サンムーンからの登場なので、アローラ地方にいることは間違いないのですが、中には名前が一文字の人もいたので出身は分かりません。

とりあえずなんでもいいから付き合って欲しい。

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。