スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2です。

今回はダブルブレイズ収録の「マーシャドー&カイリキーGX」を紹介します。

HPとパワーがあるポケモンですので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

スポンサー検索

マーシャドー&カイリキーGX

 

マーシャドー&カイリキーGX

HP270 たね

闘無 リベンジ 30+
前の相手の番に、ワザのダメージで、自分のポケモンがきぜつしていたなら、90ダメージ追加。

闘闘無 ひゃくれつインパクト 160

闘闘無+ ごうけつのきわみGX 200
追加でエネルギーが1個ついているなら、次の相手の番、このポケモンがワザのダメージを受けてきぜつするとき、このポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

弱点 超×2 抵抗 なし にげる 無無無

 

カードの特徴

 

比較的簡単な条件で120ダメージ

リベンジ

闘無 30+

前の相手の番に、ワザのダメージで、自分のポケモンがきぜつしていたなら、90ダメージ追加。

 

2エネで使えるワザで、前の相手の番に自分のポケモンがワザによって気絶していたなら120ダメージ与えることができます。

条件も比較的カンタンで、タッグチーム単デッキでなければバトル中に使う機会はありそうです。

 

特に進化デッキにマーシャドー&カイリキーGXを採用する場合、序盤に進化前ポケモンが相手に倒されてしまった時のカウンターとして頼りがいがあります。

120はサンダーを一撃で倒すことができたり、効果抜群でピカゼクを一撃で倒せる便利なダメージです。

バトルポケモンが気絶させられてしまった時の返しが2エネで使える嬉しいワザになっています。

 

1ターン根気で耐える「ごうけつのきわみGX」

ごうけつのきわみGX

闘闘無+ 200

追加でエネルギーが1個ついているなら、次の相手の番、このポケモンがワザのダメージを受けてきぜつするとき、このポケモンはきぜつせず、残りHPが「10」の状態で場に残る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

 

3エネで200ダメージのGXワザ「ごうけつのきわみGX」は、1エネ多くついていると追加効果を得ることができます。

その効果は次の相手のターンで気絶するようなダメージを受けてもHPが「10」残るというもので、1ターンの猶予を得ることができます。

火力の高いマーシャドー&カイリキーGXがもう1ターン動けると考えれば非常に強力な効果です。

 

弱点としてはワザのダメージ以外の、ポケモンチェックに受けるスタジアムや状態異常のダメージでは気絶してしまうという点です。

ベトベトGXの毒攻撃や非GXの「戒めの祠」とは相性が悪いということになりますね。

しかし単純に200ダメージの攻撃も強力なので、ワザ全体としては強力です。

 

スポンサーリンク

相性のいいカード

 

①格闘道場

 

闘エネルギーがついているポケモンの技のダメージを上昇させることができるスタジアムで、通常は+10ダメージ、相手より自分のサイド枚数が多いなら+40ダメージすることができます。

その効果は単純ながら強力で、闘タイプはディアンシー♢と合わせてさらに火力を上げることができるようになりました。

マーシャドー&カイリキーGXでいうと、サイドレースで負けているときは「ひゃくれつインパクト」の威力が200ダメージになり、それをサイドを取らない限りは維持できるというのは強力ですよね。

 

マーシャドー&カイリキーGXデッキのような闘タイプのデッキを組むならぜひ採用したいスタジアムです。

 

②ハッスルベルト

 

HPが10残る「ごうけつのきわみGX」と相性がいいのがハッスルベルトです。

HPが30以下の時にしか効果を発揮しませんが、技のダメージを+60ダメージすることができます。

GX技を使用した次のターンに倒せるポケモンがとても多くなるので、採用したら活躍しそうな1枚です。

 

採用デッキ

現在編集中です。しばらくお待ち下さい。

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。