スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!

 

最近は拡張パックの再販が始まりましたね!

いままで品薄で手に入らなかったパックもお店でみかけるようになりました。

 

再販されたパックの中でも嬉しかったのは「超爆インパクト(sm8)」です。

自分も1箱しか買えなかったので再販を待ち望んでいました。

今回は超爆インパクトの中にカードの多くが収録されている「ロストマーチデッキ」をみがわり紹介!

 

それでは早速いってみましょう。

 

スポンサー検索

デッキレシピ

 

【デッキコード】ESXMXM-mrjF4i-EyMUMS

 

環境でよくみるロストマーチはこんな感じのデッキです。

ドロソは最低限で、カプテテフGX以外のGXポケモンも入っていません。

 

メインアタッカーとなるワタッコの進化ラインと、便利なケララッパ、サブアタッカーのネイティは4枚積んでいます。

タッグボルトで再録しSMレギュ入りを果たした「ポケモン通信」も使い勝手がいいので採用しました。

 

ロスマの特徴

 

①パワーが出しやすいが、安定しない

 

 

「ロストマーチ」はロストゾーンにあるポケモンの数×20ダメージです。

「ロストミキサー」やケララッパなどを上手く使えば中盤には200ダメージだせることも多くあります。しかし、ポケモンがトラッシュに多くいってしまったり、手札事故などがおきるとダメージが出せなくなってしまう時もあります。

 

ロストマーチデッキではなるべくポケモンをトラッシュに送らないプレイングが要求されます。

 

②要求エネが軽い

 

 

ロストマーチデッキは全体的に要求エネが軽いです。

「ロストマーチ」を使うためのエネルギーはワタッコが草1個でネイティがダブル無色エネルギーです。

そのため新しく場に出たポケモンでも攻撃に参加できるため、相手にペースを渡すことなくプレイできます。

 

③ワンパンできないとワンパンされる低HP

 

 

このデッキに採用されているポケモンたちはカプテテフGXを除けばHP100以下のポケモンしかいません

そのためせっかく「ロストマーチ」の威力が上がっても相手ポケモンをワンパンできなければ返しのターンで逆に倒されてしまいます。

 

低HPが多いことはデメリットでもありますが、ウツギ博士のレクチャーでポケモンを持ってきやすいというメリットもあります。ハネッコ・ポポッコがセットでサーチできるので進化の準備がしやすいです

さらに低HPだからといって、取られるサイドは1枚なので、簡単にサイドを取られたとしてもサイドレースには勝ちやすいです。

非GXの強みであり、ロストマーチが強い理由かなと思います。

 

しかし、カプ・コケコの「かいてんひこう」など、全体ダメージには非常に弱く、まとめて気絶させられることも少なくないです。

 

スポンサーリンク

店舗優勝デッキの紹介

 

次に、ジムバトルなどで優勝したロストマーチデッキを紹介します。

トレーナーズカードやエネルギーの枚数など、デッキ改造の参考にしてみてください。

 

 

入れ替えカード

 

紹介したデッキレシピ以外にもロストマーチと相性がいいカードがあるので紹介します。

デッキ改造の参考にしてください。

 

①マーシャドーGX

 

 

「光を喰らう闇(sm3N)」に収録されたマーシャドーGXです。環境によっては非常に有力になると思っています。

よるのこうしんデッキにも採用されたカードで、トラッシュにあるたねポケモンの技を自由に使うことが出来ます

ロストマーチデッキはポケモンがトラッシュにいってしまうと致命傷ですが、それを逆手にとり、HPの高いロストマーチ要因としてマーシャドーGXを使うことが出来ます。

デメリットとしてはGXポケモンなので気絶したときにサイドを2枚取られてしまうことです。ロストマーチは要求エネが軽いので「アセロラ」もセットで採用して回復できるようにしておくといいでしょう。

 

②そらのはしら

 

 

「烈空のカリスマ(sm7)」に収録されたスタジアムのそらのはしらです。効果は、互いのベンチポケモンは相手からダメージを受けなくなるというものです。HPの低いロストマーチデッキとは相性がよく、採用しやすいと思います。

しかし、ロストマーチはポケモンとグッズの枠を多く使うため、スタジアムを入れることが難しい現実があります。

デッキのバランスを考えて採用しましょう。

③戒めの祠

 

 

「裂空のカリスマ(sm7)」に収録された戒めの祠です。非GXデッキには必ずといってもいいほど採用されています。

ポケモンチェックの度にGX・EXポケモンにダメカンを1個乗せるという効果で、バトル序盤に出ていたGXポケモンのほとんどは終盤に勝手に気絶していくという強力なスタジアムです。

デメリットとしてはロストマーチデッキにはカプ・テテフGXを採用しており、戒めの祠で気絶することも考えられます。

非GXデッキの良さであるサイドレースに強いという点が危うくなるので、採用する場合はカプ・テテフGXは中盤以降に出しましょう。

 

デッキの回し方

 

●序盤

 

初ターンはハネッコをとにかく並べます。並べるルートとしては「ウツギ博士のレクチャー」が便利です。カプ・テテフGXをサーチできる手段が手札にあるときは「ウツギ博士のレクチャー」をワンダータッチしてハネッコを並べましょう。

「ロストミキサー」が手札に来た場合、優先的に送るべきはマーシャドーやカプ・テテフGXです。

なるべく多くのポケモンを最初のうちにロストゾーンに送りましょう。

 

●中盤~終盤

 

ポケモンがロストゾーンに溜まってきたらワタッコ・ネイティで攻撃します。

グズマで狙いたいのはエネルギーがたくさんついているポケモンです。同じワタッコ・ネイティが2ターン攻撃できたらほぼ勝ちです。

あとポイントとして、中盤以降はネイティはあんまり早くベンチに出さないことが重要です。ネイティとダブル無色エネルギーをセットで持っておけば場に出たターンで攻撃できるからですね。

ネイティはHPもとくに低いのでグズマの標的になってしまいます。ベンチへの攻撃を受けないためにもネイティは大切にしましょう。

 

まとめ

 

ロストマーチデッキはよるのこうしんデッキに比べてポケモンの再利用がしにくい点があります。

まだまだロストゾーンに関するカードも出揃っていないと思うので今後の伸びにも期待できるデッキかなと思います。

 

展開はそこそこ速いデッキですが、要求エネの軽さから予想以上に早くからダメージを出してくる気がします。

対策としてはツボツボGXを採用するか、「かいてんひこう」などの全体技で除去するかですね。

コイキング&ホエルオーGXの「キングザブーンGX」なんかサイドを一気に4枚くらい取れそうですw

ロストマーチデッキと相性がいいGXカードが登場したら一気にバケそうなので楽しみです。

 

今回は以上です。質問・コメントなどはお気軽にどうぞ!

Twitterもやってますのでフォローよろしくおねがいします。

 

それではまた次回!

 

【追記】タッグチーム環境のデッキレシピも記事にしてますのでよかったらどうぞ。

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。