スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!!

 

今回はポケモン映画の中でも屈指の名作である「劇場版ポケットモンスター水の都の護神」でメインを努めたラティアス&ラティオスデッキの紹介です!

 

 

このラティアス&ラティオスGXは、エネを3個もトラッシュする代わりに240ダメージという高火力をだすことができます。戦い方はウルネクデッキと似ているので、ウルネク握ってて楽しかったなという思い出がある人はぜひラティ兄妹をくんでみてください。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

スポンサー検索

主なレシピ

 

 

人気なレシピはこんな感じです。ほぼウルネクデッキからウルネクを抜いてラティアス&ラティオスGXを入れた感じです。

タッグボルトで新登場した「トキワの森」と「エリカのおもてなし」を採用しています。タッグボルトは結果的に優秀なトレーナーズカードが多かったと思います。

 

エネルギー供給役として「スターミー」を採用しています。序盤の「トキワの森」と「スターミー」でエネルギー不足を解消できるようになっています。

 

デッキの特徴

 

①ラティ兄妹のワンパン火力

 

 

ラティアス&ラティオスGXは要求エネが4個と、多い代わりに240ダメージと、ほぼ全てのポケモンをワンパンできる火力を出します。3エネトラッシュというデメリットもカラマネロの特性「サイコリチャージ」によって回収できるようになっています。

 

240ダメージはちょうどピカゼクやゲンミミをワンパンできる火力です。ほとんどのポケモンを一撃で倒せる代わりに、非GXデッキなどのサイドを節約してくるデッキには弱いかもしれません。あとエネが多く付いているので、弱点であるフェアリータイプのサーナイトGXを使うデッキにはすこぶる弱いといえます。

しかしサナアロキュウなどに弱いのはドラゴンタイプの宿命で、仕方ないですね。環境に増えまくったらおとなしく弱点保険いれましょう。

 

②カラマネロ&スターミーのエネ供給

 

 

ラティアス&ラティオスGXは高い火力が出せますが、要求エネが多い&エネをトラッシュする、という弱点があります。しかも要求エネは水と超の二色であり、普通のデッキでは技を打つことも困難になってしまいます。

 

そこを解決するのがタッグボルトで登場したスターミーです。

 

 

ラティラティGXのために作られたようなカードで、水&超エネを3枚までベンチポケモン1匹につけることできる技「ストレンジウェーブ」を持ってます。「ストレンジウェーブ」をうてば手貼りと合わせて次のターンにラティラティが技をうつことができます。

 

そしてラティラティが技を打った後、トラッシュしてしまったエネを回収するのがカラマネロです。

 

 

特性「サイコリチャージ」によって、トラッシュの超エネをベンチポケモン1匹につけることができます。ゆえにラティラティでトラッシュするエネルギーは水エネルギーではなく超エネルギーにします。

 

スポンサーリンク

入れ替えカード

 

紹介したレシピのカード以外にもラティラティデッキと相性がいいカードがあるので紹介します。

 

①ラティアス◇

 

 

烈空のカリスマ(sm7)に収録されていたラティアス◇です。今回はデッキのバランス上、採用しませんでしたがラティラティと相性はいいと思います。

技「ドリームミスト」により、ベンチにいるラティラティにエネルギーをトラッシュから供給できます。たとえ気絶したとしてもタッグチームメインのデッキでは影響しにくいのが嬉しいですね。

 

②ルナアーラ◇

 

 

ウルトラムーン(sm5M)に収録されていたルナアーラ◇です。1エネの技「フルムースター」により、相手の場のポケモンの数だけ、トラッシュの超エネルギーを再利用できます。ベンチが埋まりがちなSMレギュでは3~4個は供給できると思います。

 

4エネの技「サイコストーム」も優秀で、カラマネロでベンチにエネルギーを供給しておけば高い火力を出すことが出来ます。

ルナアーラ◇の使い方としてはアタッカーとしてよりはフィニッシャーとして使う性能ですね。環境に高体力のポケモンが多い場合は採用する価値があると思います。

 

③ネクロズマあかつきのつばさGX

 

 

ウルトラムーン(sm5M)などに収録されているネクロズマあかつきのつばさGXです。特性「インベイジョン」によってベンチからバトル場にでることができます。カラマネロやスターミーでエネをつけてダメージを負ったバトル場と交代するという使い方ができます。

 

しかし、2019年の環境は悪タイプが強くなるので、悪弱点のポケモンは痛い目を見るかもしれません。デッキスペースが余ったら便利なので採用してもいいかもしれません。

 

デッキの回し方

 

●序盤

 

ウルネクデッキと動き方はあまり変わりません。このデッキはポケモンをサーチするカードを多めに採用しています。ネストボールやミストレを使ってヒトデマンやマーイーカをいち早く立てます。

なるべく早い段階でスターミーの技を使ってラティラティにエネをつけられたら最高です。エネがラティラティに付いたらグズマを惜しまず使って相手がエネを集めているポケモンを気絶させにかかりましょう。相手の軸となっているポケモンから倒すことでサイクルを壊すことができます。

 

●中盤~終盤

 

カラマネロのエネ回収システムができたら、ラティラティで殴る→カラマネロでエネ回収。を繰り返します。

基本的にバトル場とベンチ両方にラティラティを準備し、ダメージ管理できるようにしておくといいでしょう。どうしても気絶させたくない場面では思い切ってアセロラを使ってしまったほうがいいでしょう。まとめたエネ供給にはラテラティのGX技「エアロユニットGX」もオススメです。

 

いらないスターミーなどは盾にしてしまって、あくまでラティラティを大切にしながら相手のエースを狙いましょう。ちなみに相手が非GXデッキの時はとりあえずエネが多いポケモンから狙うのがコツです。

 

まとめ:ウルネクみたいな感じ

 

ウルネクとラティラティは一長一短ではありますが、本質は似ていると思います。要はカラマネロ強くね?ってことです。ウルネクのフォトンゲイザーはダメージの上限がありませんが、ラティラティの240ダメージという火力で十分な気がしています。

 

環境にもよりますが、早いデッキがいなそうならラティラティデッキは強力な環境の一員になるのかなと思っています。なによりピカゼクをワンパンできるのが嬉しいですよね。フェアリーデッキが少ない環境では活躍する場面が多いのでみなさんも組んでみてはいかがでしょうか??

タッグチーム環境のデッキレシピも記事にしてますのでよかったらどうぞ。

 

今回は以上です!質問コメント等はご気軽にどうぞ!

Twitterもやってますのでフォローよろしくおねがいします!

 

それではまた次回!!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。