スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!!

 

最近ジムバトルに行く機会があったのですが、ジラーチサンダー使ってる人が初戦でジラーチサンダーと当たって驚いてました。

今では多くのデッキと対等に戦えるし安定感もあるということで大人気になっています。

多いですね、ジラサン。

というわけで今回は環境デッキであるジラーチサンダーデッキをみがわり紹介!!

 

 

非GX中心でとても強いので作ってみてください。

 

スポンサー検索

デッキレシピ

 

 

環境でよくみるジラーチサンダーデッキはこんな感じです。

「アサルトサンダー」をもつサンダーとサポートを持ってこれる優秀な特性「ねがいぼし」を持つジラーチを中心にバランスよく組まれています。

 

ジラーチサンダーの特徴

 

①ジラーチによるサーチ

 

 

バトル場にいるとき1ターンに一度、山札の上から五枚みてその中にある好きなトレーナーカードを持ってくることが出来ます。

これにより、手札事故や盤面事故を防ぎやすくなり、サンダーを場にだして「アサルトサンダー」の火力を上げる事ができます。しかし、眠っているとにげることはできないのでエスケープボードを早めにサーチしておくと安定感が高まるでしょう。

ねがいぼし→デンジ→ボール系+エネルギー

という流れで場をつくりましょう。

 

②エネルギーが軽い

 

 

このデッキのメインアタッカーとなるサンダーとサンダースGXは両方ともワザを使うためのエネルギーが少なめです。そのため、「まんたんのくすり」と相性がよく、気軽に回復することが出来ます。

 

サンダースGXも進化前のイーブイの特性「エナジー進化」によりエネルギーさえあれば簡単に進化できるのでバトル序盤から攻撃に参加することが出来ます。

1エネで打てるワザ「エレキバレット」もベンチにダメカンをばらまける優秀なワザです。サンダースGXやサンダーの少し足りない火力を補うことができます。

 

 

②フットワークが軽い

 

 

ジラーチサンダーデッキでは昏睡状態に陥ったジラーチがバトル場に取り残される場面が非常に多いです。

そのため、ベンチに控えるサンダーを場にだすためのカードが多く入っています。ほぼ毎ターンバトルポケモンを変えるような戦い方で、被ダメージを分散させつつ高い火力を維持することができます。

 

スポンサーリンク

大会優勝デッキの紹介

 

実店舗で行われた大会で入賞したジラーチサンダーデッキを紹介します。

エネルギーの枚数やトレーナーカードのバランスなど、デッキ改造のときに参考にしてみてください。

 

 

 

 

入れ替え候補

 

紹介したデッキレシピのカード以外にもジラーチサンダーと相性がいいカードが存在するので紹介しておきます。

①UB(ウルトラビースト)

 

 

1エネでワザが使えるUB(ウルトラビースト)たちです。そしてカミツルギGXです。

レインボーエネルギーと一緒に採用することで幅広いタイプを見ることができます。

 

小マッシに関してはルガマッシデッキを紹介したときに強さがわかっていただけたかと思います。

ピン刺しで人気のピカゼクデッキも対策できるのでお得です。

最近では闘エネルギーを数枚だけ採用するジラサンも多いです。

 

ウツロイドは、相手のサイドの枚数に制限があるものの、相手の場の好きなワザを1エネで打つことができます。状況によってはバトルポケモンを一撃で倒すことも十分可能で、無限の可能性を秘めているといえるでしょう。

 

②戒めの祠

 

 

GXポケモンに毎ターンダメージを与えることができるスタジアムです。

ジラーチサンダーに代表される非GXデッキには採用されやすいカードですが、カプテテフGXやゼラオラGXといった汎用GXカードを採用しにくくなってしまうので、戒めの祠を採用する際はGXポケモンを全部抜く覚悟で採用したほうがいいです。

 

ジラーチサンダーデッキの回し方

 

●序盤

 

相手のデッキタイプを判断しましょう。

相手が比較的早いデッキなら、こちらもジラーチでボール系のグッズをサーチして早く盤面を完成させます。逆に相手が遅いデッキなら、エレキパワーなどをサーチしてサンダーのワザ「アサルトサンダー」で進化前ポケモンなどに少しでもダメージを多く与えて早めに気絶させる作戦にしましょう。

 

ジラーチで優先的にサーチするカードは、手札事故が起こっている場合は問答無用でシロナですが、それ以外のときは「あなぬけのヒモ」などを手札に補充してサンダーを交代させやすい環境を整えましょう。

 

●中盤~終盤

 

序盤とあまりやることは変わりません。

サンダーを中心に相手にダメージを入れていきながら、サンダースGXを使ってより大きいダメージを与えましょう。

エレキパワーやククイ博士によって瞬間火力は出るようになっているので、HPが多い相手でもある程度は倒せるデッキになっています。

 

「あなぬけのヒモ」や「グズマ」など、入れ替え系のカードは多めに入っているデッキなので、HP管理をしっかりすればどんなデッキに対してもサイドレースで勝てると思います。

ポケモンを入れ替える時はプレミに注意して慎重に入れ替えましょうね。

 

まとめ

 

ジラーチサンダーは非GXデッキながらロストマーチと同様に環境に大きな影響を与えるデッキとなりました。弱点もロストマーチと同様で、HPが低く、カプ・コケコの回転飛行や、マニューラの悪のおきてに弱いことでしょうか。

 

最近の環境デッキにはめっぽう強く、どのデッキも対策を強いられるようなパワーを持っていると思います。CLや世界大会でどのような結果を残すのか、今から楽しみです。

デッキの特徴として要求エネルギーが少ないので、色々なポケモンをピン刺ししやすいという点があります。

小マッシやアブソルなど、環境に合わせてデッキを改造してみましょう。

 

今回は以上です。質問等ありましたらコメントよりお寄せください。

それではまた次回!!Twitterもやってますのでフォローお願いします!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。