dav
スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

 

僕は生活の中でスマホやパソコンなどの画面を観る時間がとても多いです。ゲームや大学の講義なども含めると10時間ほど観ていると思います。

視力への影響はまだしも、ブログなどを執筆しているときに長時間画面を観ていると肩こりや眼球の疲れがでてきます。そこで先月、前々から欲しかった「JINS SCREEN」を買ってしまいました!

 

 

使用を始めてから1ヶ月ほど経過したので、使用してみての感想などを書いていこうかなと思います。 

 

 

スポンサー検索

「JINS SCREEN」とは

 

 

「JINS SCREEN」(旧JINS PC)はOffice for のプロダクトデザイナー、ジェスパーモリソン監修で、フレームのデザインはスマートで美しい形をしています。

 

ラインナップはキッズ用の「25% CUT KIDS」と、大人サイズの「25% CUT」と「40% CUT」の3種類です。

 

・「25% CUT KIDS」… \3000+税

 

・「25% CUT」「40% CUT」… \5000+税

 

「JINS SCREEN」を買う分にはフレーム代はかかりませんが、フレーム代+\5000+税で、好きなデザインのフレームをブルーライトカットレンズにすることもできます。

 

購入したJINS SCREEN

 

 

今回は「40% CUT」モデルを購入しました。デザインは「OVAL」という形のミッドナイトブルーを選びました。デザインや色は店頭で合わせてみて決めるといいと思います。

「25% CUT」と悩みましたが、普段からゲームやパソコンなどで眼を酷使するのでカット率が高い方を選択しました。オフィスや家庭での軽い使用が目的の人は「25% CUT」のほうがおすすめです。

 

付属品は専用ポーチのみになります。メガネ拭きなどは付属していませんので、持っていないという方は一緒に購入することをオススメします。

 

 

僕は実際に店頭で購入しました。

会員登録を行えばJINS公式のオンラインショップでも購入が可能なのでチェックしてみてください。

 

スポンサーリンク

ブルーライトカットレンズ

 

 

PC用メガネはブルーライトを反射してくれます。ブルーライトは主にスマホやPCなどのLED液晶や、LED電球から発せられています。写真のようにLED電球に照らすと青く反射し、ブルーライトを弾いてくれていることがわかります。

 

ブルーライトは、我々人間の網膜に届く光のなかで最もエネルギーが強い光です。ブルーライトの刺激は人間の眼や身体に大きな負担をかけることで知られています。LED液晶を観ることが増えた現代人は、より多くの影響を受けているといえます。

 

少し黄色いレンズ

 

 

今回僕が購入したのは「40% CUT」モデルになります。

「25% CUT」モデルでは気になりませんでしたが、「40% CUT」モデルではレンズが黄色くなっています。上の写真は、上のメガネが「40% CUT」、下がブルーライトカットレンズではない普通のメガネです。

 

上下で比べてみると上の「40% CUT」のほうが少し黄色いことがわかります。

しかし、メガネをかけているときは黄色が人の肌に馴染んでしまうのでそこまで気になることはありませんでした。黄色いレンズがどうしても嫌ならレンズが透明な「25% CUT」モデルをオススメします。

 

軽くて自然な掛け心地

 

 

JINS SCREENはどのフレームも軽く、ちょうどいい大きさで、長く使用しても耳や鼻が痛くなることはありませんでした。見た目も自然で、「誰にでも合う」という謳い文句通りのカジュアルさです。

PCレンズにありがちなブラウン色レンズではなく薄い黄色の透明レンズであることも嬉しいですよね。JINSのレンズは紫外線を99%カットしてくれるので、スマホ・PC使用時以外の外出時なども気軽にかけることができます。

視界が黄ばむようなことは全くありません。

 

眼のショボショボ感が軽減された

 

これは個人差があるかもしれませんが、数時間LED液晶をみたときに裸眼だと眼が乾燥したようなショボショボ感がありました。しかし、JINS SCREENを使用すると乾燥はするものの、ショボショボ感が軽減されたように感じました。

ブルーライトによる人体への害はよくわかりませんが、目の疲れは減ったような気がします!(プラシーボ効果かも)

 

メガネをしてブログを書くってカッコいい

 

JINS SCREENの度がないタイプの場合、商品区分的には「サングラス」になります。確かにブルーライトをカットするというメインの役割もありますが、サングラスと同様にオシャレとしても楽しめるかなと思います。今までメガネをしたことが無かった僕はJINS SCREENをかけたときのオシャレ感に驚きました。

オフィスでの作業や家で長時間デジタルディスプレイを観る際にJINS SCREENをかければ少しいつもと雰囲気を変えることが出来ますよ!

 

肩こり予防への効果は謎

 

ネットでPC用メガネの効果について調べると「肩こりがなくなった」という項目をよく眼にします。僕も長時間座ってPCを使用すると肩こりになりますが、JINS SCREENを使用したからといって特に改善はみられませんでした。

肩こりを防ぎたい方はPC用メガネを頼りにするより、30分に一回程度、席を立って軽く腰を回したり体側を伸ばしたりしてみてください。治ります。

 

まとめ:JINS SCREENはオシャレで使いやすい

 

JINS SCREENを一ヶ月使用してみて、個人的には大満足です。眼の疲労感は減ったような気がしますし、少しオシャレになれるからです。

昔は、メガネはかけているだけで耳や鼻が痛くなって疲れるという偏見がありましたが、JINS SCREENはそんなことありませんでした。ゲームやブログの長丁場を優しく支えてくれるいいPC用メガネだと思います。

 

JINS SCREEN(旧JINS PC)は2011年の発売以来、眼を保護するメガネとして先頭を走ってきました。今では格安のPC用レンズも多く発売されていますが、本家のJINSのPC用メガネを一度試してみてはいかがでしょうか?

 

今回は以上です!質問・コメント等はご気軽にどうぞ!

Twitterもやってますのでフォローよろしくおねがいします。

 

それではまた次回!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。