スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回はナイトユニゾンで登場したモルフォンGXの紹介です。

カード説明、特徴、採用デッキを紹介します。

 

スポンサー検索

カード説明

 

モルフォンGX
HP200 1進化(コンパン)

 

草無無 しのびのごくい 110+
この番、手札から「キョウの罠」を出して使っていたなら、90ダメージ追加。「アンズ」を出して使っていたなら、次の相手の番、このポケモンはたねポケモンからワザのダメージを受けない。

 

無 じゅうまいがえしGX 60
自分の手札をすべて山札にもどして切る。その後、山札を10枚引く。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

 

弱点 炎×2 にげる 無

 

モルフォンGXの特徴

 

①トリッキーな追加効果

モルフォンGXの最大の特徴は「しのびのごくい」の追加効果です。

同じくナイトユニゾンで登場した「キョウの罠」と「アンズ」をターン中に使うことで2種類の追加効果を得ることができ、攻めと守りの使い分けができます

 

②キョウと攻める!

 

キョウの罠を使ったターンに「しのびのごくい」を使うと、通常の110ダメージに加えて90ダメージを追加することができます

 

相手に200ダメージを与えた上、「キョウの罠」で毒と混乱にすることができるのでほとんどすべてのポケモンを射程に入れることができます。「しのびのごくい」自体は草+ダブル無色エネルギーで使えるので、200ダメージは早い段階で出せます!

 

ポイントとして、相手のバトルポケモンは混乱になるのでベンチに下がってくれる可能性も高く、やっかいなポケモンをバトル場から追いやる役割も果たす優秀なコンボです。

 

②アンズゥ!(遊戯王的)

 

「アンズ」を使用したターンは「しのびのごくい」で守りの行動を取ることができます。

 

相手に通常の110ダメージを与えた上、次のターンに相手のたねポケモンからのダメージを受けなくなります。環境に多いタッグチームGXからのダメージを軒並みシャットアウトできるので相手のデッキ次第では大幅に有利を取ることができます。

 

「アンズ」自体の効果も、山札の上から4枚みてその中の2枚を手札に加えられます。「しのびのごくい」を使って得た1ターンにむけて必要なカードを呼び込んだり、手札事故を解消できたりします。

 

スポンサーリンク

相性のいいカード

 

①マチスの作戦

 

同じくナイトユニゾンで登場したマチスの作戦と組み合わせるとモルフォンGXは強力になります。

 

相手よりサイドが多いという条件はありますが、1ターンにサイドを3枚使えるようになります。

「マチスの作戦+アンズ+キョウの罠」を1ターンに使うことで「しのびのごくい」の追加効果をすべて得ることができます。

 

サポートが手札に揃った状態でなければ使えないコンボですが、中盤以降で発動できればGXワザ級の威力になります。

 

②カイリュー

 

結局環境でそんなに見かけないカイリューさんですが、モルフォンGXと相性は良いです。

 

モルフォンGXデッキは「キョウの罠」もしくは「アンズ」がなければただお110ダメージ量産デッキになってしまいます。しかも、追加効果は適したときに適した効果を発動できなければ真価を発揮しません。

そこでサポートを毎ターンデッキからサーチできるカイリューを採用することで狙った方の追加効果を発動できます。

 

カイリューは2進化ポケモンなので、デッキの初動が遅くはなってしまいますが、上手くハマれば強力なコンボデッキになります。

 

採用デッキ

 

現在編集中です。

組み上がり次第、更新します。

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。