スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回は先日Twitterで情報が公開されました、フルメタルウォール収録のメルメタル&ルカリオGXの紹介です。

 

カード説明、相性のいいカード、採用デッキについて解説していきます。

 

スポンサー検索

メルメタル&ルカリオGX

 

メルメタル&ルカリオGX

HP260 たね

無無 こうてつのこぶし 50
自分の山札にある鋼エネルギーを1枚、このポケモンにつける。そして山札を切る。

鋼鋼無無 ヘビーインパクト 150

無+ フルメタルウォールGX
この対戦が終わるまで、自分の鋼ポケモン全員が、相手のポケモンから受けるダメージは、すべて「-30」される。追加でエネルギーが1個ついているなら、相手のバトルポケモンについているエネルギーを、すべてトラッシュする。

弱点 炎×2 抵抗力 超ー20

 

カードの特徴

 

①セルフエネ供給&火力のある4エネワザ

メルメタル&ルカリオGXは1エネの「こうてつのこぶし」で50ダメージ与えつつ、デッキから鋼エネルギーを1枚つけることができます。こうてつのこぶしはダブル無色エネルギーで使うことができるので、序盤から活躍できるカードになっています。

 

4エネの「ヘビーインパクト」は少し要求エネが多いですが、150ダメージをデメリットなしにだすことができます。「こうてつのこぶし」を使えば後攻2ターン目から使うことも可能です。

火力は申し分なく、高HPのタッグチームとも十分殴りあえるパワーです。

 

②バトル終了までダメージ軽減!フルメタルウォールGX!!

メルカリGXのフルメタルウォールGXはダメージこそありませんが、バトル終了まで鋼タイプポケモンが受けるダメージをー30できます

一度使えばバトル終了までダメージ軽減が働くので、非常に耐久力が上がります。

 

さらに追加でエネルギーが1個ついているなら相手のバトルポケモンのエネルギーをすべてトラッシュすることができます。

タッグチームGXを中心とするエースカードたちは要求エネが多いカードも多いです。エネルギーを一度トラッシュされると回収が難しいデッキも多いので、使い所を選べば相手の進行を大幅に遅らせることができます。

 

スポンサーリンク

相性のいいカード

 

①メタルゴーグル

 

メルカリGXのフルメタルウォールGXは、相手からのダメージをー30できますが、軽減できるのはポケモンのワザによるダメージのみで、相手のワザの効果や特性によるダメージは軽減することはできません。

 

そこでこのメタルゴーグルは相手のワザのダメージを30減らすだけでなく、ワザの効果や特性によるダメージもなくせます。

環境にジュナイパーGXのような特性でダメカンを乗せてくるようなデッキが多い場合は強力な対策カードになります。

 

②メルメタルGX

 

「メタルセット メルメタル」というナイトユニゾンと同時に発売されたセットに封入されていたメルメタルGXは、特性により受けるワザのダメージを-30できるので、メルカリGXと耐久デッキを作る場合は強力なアタッカーになります。

 

ワザのメタルブラストが非常に強力で、4エネを必要としますが110+ついている鋼エネルギー×20という圧倒的火力を持ちます。

相手からのダメージを軽減しつつ攻撃できるメインアタッカーとしてデッキに採用できます。

 

③ジバコイル

 

特性「マグネサーキット」を持っていて、1ターンに何度でも手札から鋼エネルギーをポケモンに付けることができます。

「トキワの森」などを使って鋼エネルギーをサーチしてくることで、メルメタル&ルカリオGXが序盤から動けるようになります。

 

要求エネルギーが多い鋼タイプには欠かせないポケモンです。ぜひ一緒に採用しましょう。

 

④コバルオンGX

 

鋼タイプのヒーラー、コバルオンGXです。

鋼エネルギーがついている自分のポケモンは特殊状態にならず、受けている特殊状態はすべて回復します。

 

メルカリGXはワザのダメージは軽減できますが、状態異常デッキでは比較的弱いので、その弱点をカバーするためにもコバルオンGXは相性がいいです。

 

⑤レジスチル

 

非GXポケモンのアタッカーとしてはレジスチルがおすすめです。

特性の「かたいからだ」でワザのダメージをー20することができるので、HP120にもかかわらずフィールドに長くとどまることができます。

 

3エネで使える「シルバーフィスト」は通常60ダメージですが、相手のバトルポケモンが特性を持っている場合は60ダメージ追加できます。GXポケモン対策で出てくるアローラキュウコンやフーパを簡単に処理できるのでおすすめです。

 

採用デッキ

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。