スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2です。

ついにジージーエンド収録のGXが出揃いましたね。

最後に発表されたGXポケモンがクチートGXで、スリーブが発売されることから当初からGXカード化の期待が高まっていました。

クチートはポケモンの中でも人気が高く、デッキを組みたいと思っている人も多いのではないでしょうか??

早速紹介しましょう。

 

スポンサー検索

クチートGX

クチートGX

HP170 たね

特性 みわくのウインク
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。相手の手札を見て、その中にあるたねポケモンを、好きなだけ相手のベンチに出す。

鋼無 ハッスルバイト 10+
相手のベンチポケモンの数×30ダメージ追加。

鋼無 ビッグイーターGX
相手の手札を見て、その中にあるサポートを、すべてトラッシュする。

弱点 炎×2 抵抗 超-20 にげる 

 

クチートGXの特徴

 

①相手の手札のたねポケモンを無理やりベンチに召喚。

みわくのウインク
特性
自分の番に、このカードを手札からベンチに出したとき、1回使える。相手の手札を見て、その中にあるたねポケモンを、好きなだけ相手のベンチに出す。

 

クチートGXの特性「みわくのウインク」は手札からベンチに出したときに使える使い切りタイプの特性で、相手の手札からたねポケモンを好きなだけベンチに引きずりだすことができます。

この効果はクチートGXのワザ「ハッスルバイト」とシナジーがあるだけでなく、相手のカプ・テテフGXやデデンネGXなどの使い切りの特性をもつポケモンを無効化することができます。

採用率の高い「やぶれかぶれ」を持つマーシャドーも不発にできるので強力ですね。

 

相手の手札にたねポケモンがあるかどうかは運が絡みますが、うまくキマれば相手の戦略を大きく崩すことができます。

先行1ターン目に「みわくのウインク」を発動させると強力だと思います。

 

②相手に依存する「ハッスルバイト」

ハッスルバイト
鋼無 10+
相手のベンチポケモンの数×30ダメージ追加。

 

クチートGXの「ハッスルバイト」は相手のベンチポケモンの数によってダメージが上昇するワザで、最大160ダメージを出すことができます。

カラマネロ軸やヌオー軸のデッキはベンチに多くのポケモンを並べる必要があり、クチートGXでダメージを与えやすいと思います。

ダメージの大きさは相手の場に依存しますが、特性「みわくのウインク」を利用してベンチポケモンを増やすことは可能なので、いざというときの武器として使えるのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

クチートGXと相性がいいカード

 

①オムスター

 

オムスターの特性「かせきのしがらみ」は相手のグッズを封じる強力な特性ですが、その発動条件を満たすためにクチートGXの「みわくのウインク」が活躍します。

相手の手札にいたたねポケモンを全て場に出してしまうことで相手の場を増やし、グッズを封じるコンボになります。

 

オムスターとクチートGXに加えてゲンガー&ミミッキュGXも相性がいいことになります。

「みわくのウインク」で相手の手札をみることができ、ゲンミミの火力調整がしやすくなります。

さらにゲンミミの「ホラーハウスGX」を使用して相手の手札を増やしたあとにクチートGXの「みわくのウインク」を使うことで一気にベンチを増やすことも可能です。

以上のことからクチートGXはオムスター型のゲンミミデッキと相性がいいです。

 

②びっくりボックス

 

ナイトユニゾン収録の「びっくりボックス」は、相手のトラッシュの好きなカードを手札に戻させるグッズでクチートGXの特性「みわくのウインク」と相性がいいです。

相手のトラッシュにある任意のたねポケモンを手札に戻させることでベンチに引きずり出すことが可能です。

デデンネGXやカプ・テテフGXといった狙いやすいGXポケモンをベンチに置けば終盤にサイドを取りやすくなると思います。

クチートGX使うなら必ず採用したい1枚です。

 

③エンペルト

 

ウルトラフォース収録の鋼タイプのエンペルトもクチートGXと相性がいいです。

ワザ「トータルコマンド」がお互いのベンチポケモンの数×20ダメージという効果で、クチートGXの「みわくのウインク」によってダメージを増やすことが可能です。

最大ダメージは200ダメージで、自分のベンチを常に埋めていれば安定した火力が出せるワザだと思います。

HPの高いタッグチームでも約2回で倒すことができ、クチートGXの足りない火力を補うエースとして活躍できます。

 

採用デッキ

現在編集中です。

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。