スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回はナイトユニゾン(sm9a)で登場したサーナイト&ニンフィアGXを紹介します。

カード説明、使い方、採用デッキを紹介していきます。

 

スポンサー検索

カード説明

 

サーナイト&ニンフィアGX
HP260 たね

 

無 ようせいのうた
自分の山札にあるフェアリーエネルギーを2枚まで、自分のベンチポケモンに好きなようにつける。そして山札を切る。

 

妖妖無 カレイドストーム 150
自分の場のポケモンについているエネルギーを好きなだけ選び、自分のポケモンに好きなようにつけ替える。

 

妖妖妖+ ミラクルマジカルGX 200
追加でフェアリーエネルギーが3個ついているなら、相手の手札をすべて山札にもどして切る。[対戦中、自分はGXワザを1回しか使えない。]

 

弱点 鋼×2 抵抗 悪ー20 にげる 無無

 

 

サーナイト&ニンフィアGXの特徴

 

①高いHPと高い攻撃力

サナニンフGXはHP260であり、一撃で倒されることはそうそうありません。タッグチーム相手でも2回攻撃することができ、サイド3枚分にふさわしい働きをすることができます。

 

攻撃力も高く、3エネで150ダメージを安定してだすことができます。非GXならほぼほぼワンパン、GXポケモンも「こだわりのハチマキ」と合わせて多くのポケモンを射程に入れることができます。

GXワザも200ダメージと、申し分ない火力を持っているのでエースアタッカーとして活躍できると思います。

 

②セルフエネルギー供給

タッグチームGXではめずらしく、1エネでエネルギー供給するワザを使えます。

スタートのバトル場がタッグチームGXだった場合、なにもできないこともありますが、サナニンフGXはベンチを育てる役割を持つことができます。序盤も腐ることなく活躍できるのでデッキも安定してくると思います。

 

スポンサーリンク

相性のいいカード

 

①サーナイトGX

 

サーナイトGXは特性「ひみつのいずみ」により手札のエネルギーを場に供給でき、サーナイトGXについているエネの枚数で攻撃力があがります。

サナニンフの「カレイドストーム」によってサーナイトGXにエネルギーを集中させ、高い攻撃力をだすことができます。

②マツリカ

 

山札からエネルギーをサーチして場に供給できるサポートです。

サナニンフGXはベンチにエネルギーを供給できるワザを持つものの、攻撃するためには3エネを貼る必要があるので、エネ加速手段として「マツリカ」の採用が考えられます。

サナニンフGXでベンチを育てつつ、序盤から相手を攻撃できるようになる便利な一枚です。

③ピクシー

 

ナイトユニゾンで新しく登場したピクシーです。

場のフェアリーエネルギーがついているポケモンの数だけダメージが増える面白いワザを持っています。

サナニンフGXの「カイレドストーム」でベンチ全体にエネルギーをつければ、160ダメージという火力を出せます。

 

「スッカラカン」のグランブル同様、条件を満たせば高い火力が出せるデッキとして大会でも活躍するかもしれません。

採用デッキ

 

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。