スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2です。

現在、Twitterやネット上でニンテンドースイッチを小型化した「Nintendo Switch Mini」の発売の噂がささやかれています。

 

現行のSwitchは、卓上に置いて遊べるように画面サイズが大きめになっています。

携帯モードとして持ち運んで遊ぶには少し大きいと感じる人も多いのではないでしょうか。

 

スポンサー検索

「ニンテンドースイッチミニ」はどこから出た噂なのか。

 

Twitterや掲示板サイトで話題になっている「ニンテンドースイッチミニ」ですが、噂が出回ったきっかけはアメリカの有名経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナル」が2018年10月4日付けで「Nintendo Plans New Version of Switch Next Year」という記事を掲載したのがきっかけです。

記事によると、任天堂は2019年にNintendo Switchの新型を発売する予定があると、任天堂に直接の情報源があるサプライヤーが述べたといいます。

記事にはスイッチの小型については言及されていないので、その後推測が進んだものと思われます。

 

ネット上にはこのような画像も出回っておりますが、未だに信憑性は不明です。

 

しかしニンテンドースイッチの小型版が発売されるのはほぼ間違いないと思っていいでしょう。

2019年1月31日に、今度は日本の経済新聞である「日本経済新聞」がNintendo Switchの小型版についての記事を掲載しました。

記事によると、複数のサプライヤーとゲーム会社に小型化を発売することを伝えており、公式の返答は「コメントできません」にとどまるものの、発売は確実視されています。

 

ニンテンドースイッチのドッグ部分は削除され、本体内蔵のグラフィックボードの性能を携帯機向けにグレードを落とすことで値段を下げるようです。
ドッグがなくなることでHDMIによる出力はできなくなり、TVにつなぐことはできなくなりそうです。私は普段スイッチをテレビモードでプレイするため、ドッグは欠かせないものですが、電車でプレイしたい人やDSのように持ち運んで気軽にプレイしたい人にとっては嬉しい情報といえるでしょう。

 

ニンテンドースイッチミニに期待すること

 

①買いやすい価格

 

ニンテンドースイッチは、携帯モードとTVモードを使い分けることにより、据え置き型としても携帯型としても使えることができます。

それがスイッチの最大の魅力にもなっていますが、Joy-Conを切り離す機能やテレビ出力するためのドッグのために値段が29800円(税抜き)と少し高めになっていしまいました。

さらにソフトがWiiUやDSからの移植が多く、新作発売予定が弱いことから買う人も発売から時間が経つごとに減少してしまっている現実があります。

そこで小型化されたスイッチに期待することの一番は「低価格化」です。

 

ニンテンドースイッチミニにはドッグが付属されないとの情報が多く、テレビモードが使えないと仮定するとドッグ台は削減できます。

現在でもドッグのみの販売も行っており、ドッグとACアダプターとHDMIケーブルがセットで9698円(税込み)です。

このうちACアダプター(充電器)は携帯モードでも充電に使用するので、3000円が残って6500円程度は安くなる計算になります

 

さらに新型スイッチではJoy-Conを切り離せる機能も削除されるとの噂もあります。

それを込みで考えると2万円前後になってくれそうな勢いですね。

現在発売中で画面の大きさも近い「Newニンテンドー3DS LL」が定価で20304円(税込み)なので、そのくらいになることを期待します。

「スマブラ」や「ゼルダBoW」などの少数のソフトだけやりたい人にとっても買いやすい本体価格だと嬉しいですよね。

 

②無線接続でコントローラーが使える

 

これは個人的な話ですが、ニンテンドースイッチを携帯モードでプレイするときにジャイロ操作がしにくいです。

画面が手と手の間にあるため、画面を斜めに見る状態になって酔います。

 

さらに

プロコンを使いたい!

という人も多いと思うので、携帯モードとテレビモードの間であるスタンドを立ててのプレイはそのまま出来るようにしてほしいです。

ついでに充電器を挿す位置を本体下から上に変更してほしいですね。充電しながらスタンドモードでプレイしたいです。

 

③おしゃれな本体カバーの発売

 

現行のニンテンドースイッチは、ドッグに入れる関係で本体にカバーを付けることは困難な上にドッグに挿すと見えなくなってしまいます。

新型の携帯モード専用のSwitchでは公式から多くの本体カバーが発売されることを望みます。

New 3DSの「きせかえプレート」のようなギミックを搭載してもいいですが、単純にスプラトゥーンやポケモンなどのカバーが登場してくれると嬉しいです。

 

ついでに3DSにあったようなホーム画面のテーマ変更バッジの配置も実装してほしいですね。あとはフォルダ管理

Switchのホーム画面はダウンロードソフトを探すのがすごく面倒ですし、デザインが質素すぎる気がします。

 

スポンサーリンク

まとめ:公式からの情報を待つしかない。

 

2019年2月現在では信憑性のある情報は少なく、発売日程や商品の詳細は不明です。

今後の公式の情報を楽しみに待つことしか今はできないでしょう。

当ブログでも新型Switchに関して追加の情報が発表されたら記事を更新する予定です。

 

値段が理由で現行のSwitchを購入していない人も多いと思うので、新作のファイアーエンブレムやポケモン発売前に新型スイッチが発売されれば、3DSからスイッチに乗り換える人も多いのではないかと思います。

個人的にポケモン新作の厳選作業は携帯モードでやりたいので小型化スイッチは嬉しいです。

据え置き型では遊ばないで携帯モードのみでいい。という人の要望に答えた商品ですのでプレイヤーからしても選択肢が増えるので良い商品だと思います。

3DSに代わる携帯ゲーム機になることを祈るばかりです。

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。