スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!!

 

僕はTCGのデッキの中でも「バーン」とか「ビートダウン」とかいうカッコいい名前で呼ぶやつが大好きです(わかる方いますかね??)。

 

しかしポケモンカードにおいてはポケモンの名前の方が呼びやすいらしく、あんまりカッコいい名前のデッキってないですよね。

 

今回はカードゲーマーが好きそうなデッキ名で呼ばれる「ギラティナ+カラマネロデッキ(超バレット)」みがわり紹介!!

 

 

スポンサー検索

主なデッキレシピ

 

 

今回はCL東京のマスターで優勝したデッキレシピの紹介です。

CL東京以後、地域のジムバトルでも非常に使っている人が多くなりましたw

 

大人気のギラティナを中心に、技「かいてんひこう」をもつカプ・コケコなど、ダメカンを乗せる効果を持つポケモンがたくさん入っているのが印象的です。

 

デッキの特徴

 

①ひかるアルセウスの採用

 

 

「ひかるアルセウス」に代表されるのが、ダメカンを相手フィールドにばら撒けるポケモンたちです。ひかる○○のハズレ枠としても上げられる「ひかるアルセウス」にこのような活躍の場があたえられたのはとても嬉しいです。

 

特性もとても優秀で、バトル場にいる間、相手からの自分のベンチポケモンへのダメージを防ぐことが出来ます。HPが低い非GXデッキにとっては相性がよく、相手ベンチにもダメカンをばら撒ける優秀な技を持っていることから、デッキコンセプトに合うカードだと思います。

 

②ネクロズマのGX技

 

 

無色タイプからは技のダメージを受けないという強力な特性を持つ一方で、GX技もとても強力です。

 

効果としては相手のGX・EXポケモンに100ダメージずつ与える、という効果をもち、相手のデッキ次第では一気に複数のポケモンを気絶させることが出来ます。

 

通常技も超エネルギーをトラッシュするというデメリットを持ちますが、カラマネロで再利用することができるので、安定して高火力を維持できるのも相性がいいですね。

 

③毎ターン高火力&定数ダメージ

 

 

このデッキに限ったことではないですが、非GXを中心としてデッキはGXデッキに対して強気にでることができます。GXポケモンに毎ターン定数ダメージを入れることによって非GXのHPの少なさという弱点を緩和し、相対的に火力を上げることが出来ます。

 

「戒めの祠」のおそろしいところは、バトル後半になると勝手にカプ・テテフGXを中心としたHP100台のGXポケモンが気絶していくところです。

 

このデッキの最大の強みであり、GXデッキの脅威でもあります。

 

 

スポンサーリンク

大会優勝デッキの紹介

 

ここで、実店舗で行われた大会での優勝デッキを紹介したいと思います。

サポートやエネルギーのバランスなどをデッキ改造の参考にしてみてください。

 

 

 

入れ替え候補の紹介

 

紹介したレシピのカード以外にもギラティナ+カラマネロデッキに相性がいいカードがあるので紹介しておきます。

 

①カプ・テテフ

 

 

新たなる試練の向こう(sm2+)に収録されていた超タイプのカプ・テテフです。

2エネの技「マジカルスワップ」で盤面にバラ撒いてあるダメカンを自由に載せ替えることができます。

 

超バレットのフィニッシャーとしてサイド一気取りが狙えるカードになります。

 

②ヨーギラス

 

 

超爆インパクト(sm8)に収録されていたヨーギラスです。

 

技「きずをえぐる」が強力で、ダメカンが3個以上乗っている相手に対して80ダメージを与えることが出来ます。

特性「スカーチャージ」を使ったガオガエンGXを、ハチマキを巻いたヨーギラスが一撃で倒せることで話題になりました。

 

超バレットにおいて、ダブル無色エネルギーで80ダメージを出せるのは強力で、序盤から中盤まで腐ることなく使えるかなと思います。

 

③ミミッキュ

 

 

アローラの月光(sm2L)に収録されていたミミッキュです。

1エネ2ドローの優秀な技と、2エネの技「まねっこ」で前のターンに相手が使用した技を使用することが出来ます。

 

GX技をまねっこすることは出来ませんが、相手のGXポケモンなどの強力な技を2エネで打つことが出来ます。

今後タッグチームの登場により技の火力がインフレする可能性もあるので、環境次第では強力なカウンターになると思います。

デッキの回し方

 

●序盤

 

まず最速で並べたいのはカラマネロです。

初ターンはマーイーカを優先的にベンチに並べつつ、ひかるアルセウスイワークなどのエネルギーを多く必要とするポケモンを早めに並べて手貼りしていきます。

 

バトル場にひかるアルセウスを置いておくと、相手の攻撃でベンチポケモンがダメージを受けることがなくなるので非常に安定します。序盤はひかるアルセウスやカプ・コケコなどの全体バラ撒き攻撃が非常に刺さります。

 

相手が事故っている場合は進化前のポケモンを一気に倒して勝負をきめることもありえます。

こちらの事故の要因としてはエネルギー不足が考えられるので、TVレポーターやボール系のグッズで超エネルギーを落とすことを心がけましょう。カラマネロが立っていないときは必要ないポケモンに「のろいのおふだ」をつけて時間稼ぎをしてもらう、というのが有効です。

 

●中盤~終盤

 

トラッシュや手札の状況によりますが、カラマネロの特性「サイコリチャージ」により、イワークやルナアーラ◇といったカードも1ターンで攻撃することができます。

 

ネクロズマGXのGX技「ブラックレイGX」もタイミングをみて使っていきたいです。

戒めの祠などのダメージと合わせて、後半はサイドを複数取ることも狙っていきたいです。

 

まとめ:非GXデッキには特に刺さる環境デッキ

 

CL東京で優勝した超バレットはルガゾロやマッシブーンなどの環境に多いデッキに対してぶっ刺さってました。

ひかるアルセウスやカプ・コケコといったカードは低いHPの非GXデッキに対して強くでることもできます。

 

CL東京の動画をみれば分かりますが、当時流行っていたデッキに対する対策がよく考えられているのが感じられました。ロストマーチやルガゾロといった、大会で流行りそうなデッキに対策していくことの大切さが分かりました。

 

今後の大会でも、環境をよんで環境の裏をつくデッキを組むと、自分の好きにプレイできるかもしれません。

 

今回は以上です。Twitterもやってますのでフォローよろしくおねがいします。

それではまた次回!!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。