スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!!

 

名探偵コナンって知ってますか??

金田一少年の事件簿と並んで日本を代表するサスペンスバトルアクション漫画です。

 

名探偵コナンといえばアニメも有名で、毎年の劇場版を楽しみにしている人も多いのではないでしょうか??

劇場で観ていない人でもテレビで一回は目にする大ヒット映画です。

 

最近ではサスペンス要素だけでなく、カーアクションやガンアクション、ラブコメ要素も話題で、映画としても完成度が年々上がっているように感じます。

 

コナンには黒の組織やFBI、CIA、私立探偵など、魅力的なキャラクターが多く登場します。

皆さんは誰が好きですか???

 

僕は怪盗キッドです。

もともと華麗に物を盗むキャラクターは大好きなのですが、モノクル(片眼鏡)をしているので更に惚れました。

 

というわけで今回は怪盗キッドをあまりしらないけど見た目で惚れた!!という人に向けて魅力をみがわり紹介!!

 

さぁ…ショーの始まりだぜ。

 

スポンサー検索

怪盗キッドが登場する劇場版

 

原作を見て怪盗キッドの良さを学ぶのもよいですが、ツタヤでサクッと魅力を感じるのもいいと思います。

歴代の劇場版名探偵コナン作品の中で怪盗キッドが登場する作品をリストアップしてみました。

 

怪盗キッドが好きな人はこのリストの作品を先に見るのがいいと思います。

 

①世紀末の魔術師

 

 

劇場版第3作の世紀末の魔術師です。キッドが登場する映画で最高傑作とされています。

登場は序盤のみなので少なめですが、初登場ということもあって最高にカッコいい場面ばかりです。

 

舞台は大阪ですが、ロシアのロマノフ王朝をテーマとしたストーリーで、ニコライ2世などの実在する人物も物語に関わってきます。殺人事件もありつつ謎解きの要素もあるので個人的に一番楽しめる映画でした。

 

今作はキッドというより、服部平次初登場に焦点が当てられており、キッドの登場は少ないですが、キッドの一番かっこいいシーンをあげろと言われたらこの映画のことをいう人も多いです。

 

ちなみに映画のお決まりとなっている阿笠博士のダジャレクイズは今作から始まります。

②銀翼の奇術師(マジシャン)

 


もうポスターだけでカッコいいですね。

 

劇場版第8作の銀翼の奇術師(マジシャン)です。

キッドがスター・サファイア「運命の宝石」を盗もうとするのを防いだコナンたちでしたが、防いだお礼に招待された別荘に行く途中の飛行機内で殺人事件がおきてしまう…というストーリーです。

 

今作は殺人事件というよりも、後半の飛行機トラブルのシーンに焦点が当てられており、今作の見どころは底かなと思います。個人的にアクション映画になり始めたのは今作かなと思います。

 

今作のキッドは敵役というよりもイケメン役として登場しています。誰かに変装しているので、誰に変装しているのか予想しながら観ると面白いと思います。

 

③探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)

 


劇場版第10作の探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)です。

 

今回は劇場版第10作を記念して、名探偵コナンの主要キャラクターがオールスターで登場します。

個人的に好きな白馬探も登場するので、喜んだのを覚えています。

 

白馬探は漫画「まじっく快斗」においてキッドのライバル的な立ち位置で、ファンにも人気があります。

ようは青山剛昌のクロスオーバー映画ってことですね。

 

探偵たちの鎮魂歌は事件としても面白く、謎解き要素が多いので楽しめました。

あと横浜国立大学が「横浜海洋大学」として登場しています。

④天空の難破船(ロストシップ)

 


劇場版第14作の天空の難破船です。

今回はギャグ漫画的なキッド様がみられます。必見です。

 

今作は世界最大級の飛行船内で謎のテロリストグループと、コナン&キッドで立ち向かいます。

ここまで古い順にコナン映画を観た人にとって一番驚くのが毛利小五郎の声優が変わっていることです。

神谷明さんから小山力也さんに変わっています。

 

今回は対テロリストのアクション映画なので、最近のコナン映画のアクションが好きな方にはおすすめできます。

 

キッド好きも恐らく、いつもとは違うキッド様の一面が見れるので楽しめると思います。

⑤業火の向日葵


劇場版第19作目の業火の向日葵です。

 

監督が脚本を1時間位カットしたことで話題になり、全体的に薄い内容と評価されがちです。

テーマはゴッホの「ひまわり」。

最新設備の美術館からいかに「ひまわり」を守るか&脱出するかが今作の見どころです。

 

今作はキッド活躍の場面が歴代の映画の中でも圧倒的に多く、コナンよりも活躍します。

ミステリーとしてはイマイチという評価をうけながらもキッドファンにはウケる映画となりました。

 

そして2019年「紺青の拳(フィスト)」

 

2019年4月12日に劇場版名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)が公開されます!!

 

シリーズ初の海外・シンガポールが舞台!!京極&キッドがメイン!!

ということで、地雷感を出しつつも多くの期待感を抱かせます。

 

ストーリーとしては、19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大のブルーサファイアを巡って、コナンと怪盗キッドが、ホテル「マリーナベイ・サンズ」で起きた殺人事件、そしてシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくというストーリーです。

 

近年ではキッド様が出るとハズレだとの評価が見受けられるので、制作サイドも気合をいれていることでしょう。ゼロの執行人を超える超ヒットをしてほしいものです。

 

キッドが映画のメインビジュアルを盗んだツイートも話題になりましたね。

 

ひさびさのキッドメインということで僕も楽しみにしています。

過去の映画をみてキッド様の虜になったという方はぜひ劇場に足を運んでみてください。

 

スポンサーリンク

まとめ:怪盗VS探偵はおもしろい

 

キッド様のビジュアルもさることながら、怪盗が無理難題を切り抜けてお宝を盗むというストーリーは人々の心を掴むんだなと心から感じました。

 

シャーロック・ホームズやアルセーヌ・ルパンのように、いつの時代も人はミステリーが好きなんだなと思いました。とりわけキッド様は現実では到底ありえないショーを見せてくれるという点で、ある意味バラエティに富んで面白いといえます。

 

映画をみてキッド様を好きになった人はぜひ漫画「まじっく快斗」も読んでみてください。

 

 

今回は以上です!Twitterもやってますのでフォローお願いします!

質問等ありましたらコメントお願いします。

 

それではまた次回!!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。