スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です!

 

タッグボルトは品薄が改善されてきましたね。

皆さんは欲しかったぶんのパックが手に入りましたか??

 

今回のタッグボルトは新しいレアリティのTR(トレーナーズレア)やタッグチームのスペシャルアート版のカードなど、コレクターズ要素が多かったので、大人買いした人も多そうですねw

 

今回はタッグチームのスペシャルアート版イラストの中でイチバンお気に入りのセレビィ&フシギバナGXを切り札にした「セレビィ&フシギバナGXデッキ」をみがわり紹介!!

 

 

禁止カードである「フラダリの奥の手」を彷彿とさせるGX技と、状態異常てんこ盛りの技で、相手を圧倒させるデッキです。カードの効果がわかりやすいので初心者にもオススメのデッキです!

 

それでは早速行ってみましょう!

 

スポンサー検索

主なデッキレシピ

 

【デッキコード】FkvV5k-QrBSV4-51VVVF (画像クリックでデッキ編集画面に飛べます)

 

主軸はセレビィ&フシギバナGXとクワガノンの進化ラインです。

クワガノンが雷エネルギーもつけれるのを利用して、デンジやゼラオラGXなどの雷タイプのサポートカードを入れています。

 

セレバナやベトベター用にダブル無色エネルギーが入っています。合計するとエネルギーは14枚と、多めに採用しています。そのかわりエネルギー回収系のグッズは採用していません。

 

デッキの特徴

 

①状態異常のオンパレード

 

 

このデッキの主軸のセレビィ&フシギバナGXです。性能がイマイチなことで話題になりましたが、既存カードとの差別化ポイントは上の技かなと思います。

 

3エネの技「きけんなかふん」は相手をどくとやけどとこんらんにします。

 

注:→どくのポケモンは、ポケモンチェックのたびに「10」のダメカンを1個のせます。

 やけど→ポケモンチェックのたび、ダメカンを20ダメージぶんのせます。その後、コインを投げて、オモテなら回復します。

こんらん→ワザを使うときに、コインを1回投げて、オモテが出たらワザが成功になります。ウラなら自分にダメージカウンターを3個のせます。

 

相手をどくとやけどにすることで、その自分のターンの終わりに30ダメージが確定でのります。技のダメージと合わせて80ダメージです。

逃げられると全て状態異常は消えてしまいますが、逃げられない場合は技を使いにくくなったり、ポケモンチェックの度に固定ダメージが入ります。

しかし3エネにしては、というところですね。

 

そしてベトベターとのコンボが決まります。

 

 

指定なし2エネで「ケミカルブレス」という技を使えます。

 

基本ダメージ20で、相手にかかっている状態異常×50ダメージ追加できます。

セレバナで状態異常3個ついている状態なら170ダメージで、状態異常のダメージと合わせてほぼ全てのポケモンを射程にいれることができます。

 

②クワガノンのエネ供給

 

 

クワガノンの特性は「ストロングチャージ」で、1ターンに1度、山札から草と雷エネルギーを1枚ずつ好きなように場につけることができます。

 

セレバナやクワガノン、ゼラオラGXなど、このデッキは要求エネが多いポケモンがたくさんいるので、エネルギー供給役のポケモンは必須と考えて採用しました。

 

ゼラオラGXと相性バツグンで、逃げエネルギーが多いポケモンに雷エネルギーをつけることができます。

それに加えて、セレバナに手貼りと合わせて3エネをつけて行動できるようにしたり、アローラベトベターを1ターンで行動できるようにできます。

 

スポンサーリンク

入れ替えカードの紹介

 

①シェイミ

 

 

フェアリーライズ(sm7b)に収録されていたシェイミです。特性「フローラルヒール」により、1ターンに1度、バトル場の草タイプポケモンのHPを20回復させることができます。

毎ターン20回復は小さいと思ってしまいますが、スタジアムのエーテルパラダイス保護区やライフフォレスト◇と合わせると寿命が3ターンくらい伸びます。

 

シェイミとセレバナのコンビが話題になったのはシティリーグでポケモンカードがセレバナとシェイミのみというデッキがTOP4に入ったからですね。

 

回復カードを多めに採用する型も有力で、セレバナを倒されずに勝負をすすめることができるようになっています。

 

②ひかるゲノセクト

 

 

ひかる伝説(sm3+)に収録されていたひかるゲノセクトです。入れ替え候補としてはシェイミ◇です。高HPと、特性「エネジーリロード」によるエネルギーの付け替えができるので、クワガノンとも相性がいいです。

 

しかし、シェイミ◇に比べると現実的に実現可能な火力は下がるかなと思います。さらに、エネルギーがひかるゲノセクトに集中してしまうので、不意に気絶させられたときにエネルギーが枯渇してしまう危険性はあります。対策として「ねがいのバトン」と一緒に採用するといいと思います。

 

③チェリム

 

 

ウルトラサン(sm5s)に収録されていたチェリムです。特性「おてんきガード」で、草タイプポケモンの弱点を消すことができます。

タッグチームポケモンが一撃で気絶させられると萎えますよね、試合終了です。特にセレバナが苦手とするほのおタイプにはマグカルゴGXズガドーンGXなど、300ダメージクラスの火力を出すポケモンが多くいるので、弱点を消すのは割と有効かなと思います。

 

チェリムは1進化ポケモンなので、デッキスペースは少し取りますが、ほのおタイプが多い環境では有効になってくるかなと思います。

 

デッキの回し方

 

●序盤

 

このデッキの軸はセレビィ&フシギバナGXですが、クワガノンがいなければ機能しないといっても過言ではありません。デンジやボール系のグッズを使っていち早くクワガノンの進化ラインを揃えましょう。

タッグチームポケモンを使うに当たって、ベンチ管理が大切です。カプ・テテフGXやシェイミ◇など、必ず置きたいポケモンに加えて、二体目のセレバナを並べるスペースも空けておく必要があります。

セレビィ&フシギバナGXは要求エネが多いので、バトル場のセレバナが動けるようになったら二体目を準備するのもいいかもしれません。

 

クワガノンでエネルギーを付ける優先順位としては、①バトル場のセレビィ&フシギバナGX、②クワガノンor二体目のセレバナ、③シェイミ◇、がいいと思います。ライフフォレスト◇やエーテルパライダイス保護区を使いながら、ポケモンが気絶しないように戦いましょう。

 

●中盤~終盤

 

セレビィ&フシギバナGXで攻撃します。基本的に「きけんなかふん」で攻撃してダメカンを乗せ、エネが4個になったら「ソーラービーム」で気絶させるという流れで動きます。こんらん状態がうまく決まれば技を受けずに一方的に攻撃できます。

 

相手の特殊状態によってはアローラベトベターを使います。要求エネルギーは2個なので、クワガノンと合わせれば1ターンで行動できます。非GXなので、気絶したとしてもセレバナを2体気絶させるまでは負けることはほぼないです。

フィニッシャーはシェイミ◇(プリズムスター)です。クワガノンでデッキの中のエネの多くを付けることができれば150ダメージくらいは出ると思います。

 

ちなみにシェイミ◇だけは捨てるとロストゾーンにいってしまうので、セレバナのGX技「エバーグリーンGX」の追加効果を使ったとしても回収できないので注意してください。

 

このデッキはとりあえずセレバナを守りきれば勝ちなので、グズマやスタジアムを使って上手く守りましょう。

 

まとめ:エネ供給が決まれば安定して勝てる

 

セレビィ&フシギバナGXはそこまで技の威力は強力ではありません。上手く立ち回って気絶させないようにしましょう。安定した勝利を支えるのがスタジアムです。特にライフフォレスト◇はベンチに逃した傷負いのセレバナを回復させたりと、勝利につながる場面が多いです。

 

使ってみて感じるのは、タッグチームは意外に気絶しないということです。デッキ自体をタッグチームカードを守る設計にしていけば比較的どのカードも強いデッキが組めると思います。高いHPと高い攻撃力を活かせばセレビィ&フシギバナGXも他のタッグチームと同じように環境で活躍できると思います。

 

みがわりブログでは他のタッグチームのデッキも紹介しているので良かったらどうぞ!

 

 

今回は以上です。質問・コメント等はご気軽にどうぞ!

Twitterもやってますので、フォローよろしくおねがいします。

 

それではまた次回!!

 

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。