スポンサーリンク

こんにちは、マタン(@migawariblog2)です!

スマブラSP…楽しみだね(唐突)

さて今回は、白猫プロジェクトでおなじみのコロプラさんからリリースされました「バクレツモンスターみがわり体験!!!

Google Play で手に入れよう

東海オンエアさんが企業案件で動画で紹介されていたので知っている方も多いのではないでしょうか??

グーグルプレイストアの評価を見てみるとまぁ…
「スマブラに似てる(笑)」のオンパレード。

すごく分かります。

僕のように
「あまりアクションは得意ではないのですが平気ですかね…???」

と、不安になる人もいると思いますがそんな人も安心してできるようなシステムになっています!

それでは早速レビューしていきましょう!!!


スポンサー検索

バクレツモンスターの良い点

操作が簡単!

バクモンの操作はとにかく簡単

画面スライドで敵に近寄り、相手をタップで攻撃。

これだけでバトルの基本はマスターできます

ガチャをたくさん引ける!

ミッションログインボーナスガチャチケットや石がたくさん配布されるので、始めたてから強いキャラを引き当てることが可能です!

リセマラの☆4は、広範囲な技を持つモンスターがオススメです。

  • ニトラ
  • キューヴィ
  • ゼオ

など

爽快感バツグン!!

どこがスマブラに似てるかと言われればここかな(笑)と思います。

プレイしているモンスターにはライフが5個あり、攻撃されるにつれて減っていきます。

そしてライフが0になると場外までド派手なエフェクト付きでふっとばされるということです。

強敵を勢いよく吹き飛ばせたときは、アクション苦手な自分としては感動しました


バクレツモンスターの悪い点

そんなバクモンにもいくつか気になる点がありましたので挙げておきます。

闘技場のラグが激しい時がある

最大4人でオンラインバトルができる闘技場モードですが、通信環境によってはタイムラグが激しく、急な行動不可や起き攻めを食らうときが見られました

タイプ相性がある

バクモンでは、オンラインアクションにしてはめずらしく、タイプ相性を採用しています。

それにより、闘技場でマッチングした相手によって自分の先陣のモンスターがボコボコにされる、といったこともあります。

注:闘技場では3体のモンスターを選出でき、1体目がやられた後は自分で出すモンスターを選択することは出来ます。
なので、
どの属性のキャラもバランスよく育てておくことが必要です。

フィールドが狭い(技範囲が広い)

いわゆるリセマラ当たりキャラたちステージに広く大ダメージを与えるようなスキルを持っており、スマブラと違って、スキルはゲージを貯めることで1バトル中に何度も発動してくるので少し調整してほしいな、と思いました。


ゲームの進め方

チュートリアルが終わったら闘技場に行ってみよう!

このゲームに関してはクエストを進めるよりもチュートリアル後のガチャで手に入った☆4キャラを使って闘技場をやることオススメします。
その理由はスタミナなどの消費がなく、なんのデメリット無しに強化素材などのアイテムが沢山手に入るからです。もちろん負けても何も失いません。
Level1のままのキャラではクエストはあまり先には進むことが出来ないので、ある程度闘技場でバトルになれて、キャラが育ってからクエストモードを進めることをオススメします。

モンスターを強化してマップを広げよう!

闘技場をやり始めた頃は何かとガチャチケットが報酬でもらえると思います。

そしてガチャで手に入ったモンスターをある程度育てたらクエストモードを進めましょう。

クエストモードはバトルエナジー(スタミナ)を消費して1マスずつ移動して先に進んでいくモードです。そしてマスごとにアイテムエネミーが潜んでいます。

そして稀にこのような時間制限付きボーナスマップが出現することがあり、バトルに勝てばたくさんの強化アイテムを入手することが出来ます


スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?

体験してみた感想としては思ったより面白いな(笑)って感じでした。
でもGoogle Playストアのレビュー欄がとにかくひどい…

しかし、本格的なアクションゲームのように1フレームごとの操作コンボのキャンセルなどを気にすることなく画面を連打しているだけでアクションバトルが楽しめる、というのがこのゲームの最大の魅力かなと思いました。

僕のように、
「アクションゲームがあまり得意ではないけどアクションゲームしたい!!」

という人のワガママを叶えてくれると思います。

ぜひ気になっているという人はこの記事を参考にインストールを検討していただけると嬉しいです。

Google Play で手に入れよう

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。