スポンサーリンク

はい、どうもマタン(@migawariblog2)です。

今回も張り切ってプレイ日記、書いていきたいと思います!

 

さて、まず最初に報告しなければならないことがありまして…

タイトルにもある通り、「データ消去」しました!!!

 

理由としては起動ができなくなったためです。デスクトップPCを使用してAPEXをプレイしていたのですが、映像出力をグラボの方ではなくマザーボードの方から出力していたミスに気づき、グラボのHDMIの方に差し込み直したところ、起動ができなくなりました。

何回かアンインストールしたりして試してみましたが、「EAサーバーへの接続がタイムアウトになりました」の連続でした。


↑これはプレイできない状況のもので、アカウントを新しくした今でも時々こうなります。

APEXのセーブデータを上書きするとロビーに入れないのですが、上書きしなければ通常どおり遊べたので最初からやり直すことにしたのです。

 

使用キャラは相変わらずブラッドハウンドが中心で、ショットガン好きでプレイしていきますのでよろしくおねがいします。

ユーザー名が「iskedr_uc」に変わりましたので、野良で見かけたときはマタンだと思って援護してやってくださいw

それではプレイ日記いってみましょう!

 

スポンサー検索

リコイルを覚えた

 

みなさん「リコイル」って知っていますか??

シューティングゲームをやる人からすると当たり前のことらしいですけど、僕は最近存在を知りました。

 

リコイルとは銃を打つときの反動によるブレのことで、スコープを覗いていない状態のほうがリコイルが大きいです。

僕はつい最近まで相手に標準をあわせたら真っ直ぐ撃つことが多かったです。しかし、銃は撃っている間に徐々に上や横にずれていくのでエイムを修正する必要がありました。

APEXでは上にブレる銃が多いため、連射している間にマウスを下に動かし続けることで相手に銃を当て続けることができました。

今までショットガンの方が使いやすかったのは、リコイル制御をしていないから他の銃が全然当たらなかったからなんですね。

 

戦術アビリティをいつ使うか

 

ブラッドハウンドの戦術アビリティ「全能の目」は家1軒程度の敵の居場所をサーチすることができます。

待ち伏せによる強襲を回避したり、回復場所を探すのにとても便利なワザですが、まだ使いこなせている気がしません。敵がいないときは正直どうでもいいんですけど、敵がいた場合、このアビリティによりこちらの存在にも気づかれてしまいます。

この戦術アビリティの使うタイミングが下手だと、味方の状況によっては逆に攻められる機会を与えてしまいかねません。特に自分1人しか近くにいない場合はなるべく使わない方がいいかもしれませんね。というか味方と一緒に行動するのがベストかもしれませんが。

あと、家の中は近距離戦闘になるのでブラッドハウンドはショットガンがいいのかなとか思ったりしました。オススメ武器あれば教えてください。

 

スポンサーリンク

次の目標はアルティメットを有効活用すること

 

ブラッドハウンドのアルティメット、「ハンティングビースト」は対人戦でとても強力で、相手の位置が常に分かる上に移動速度が上昇します。かなり有利な条件になるものの初心者にとっては中々ハードルが高く、相手をキルする能力がある程度なければ結局止まってエイムをあわせるしかないためアルティメットの意味がありません。

リコイルを覚えてだんだんダメージを与えられるようになってきたので、アルティメットを使って敵をキルできるようになればいいなぁというのが最近の目標です。

YouTubeで実況を近日上げると思います。早く上達して1プレイで10Killくらいしてみたいですね。

それではまた次回!

スポンサーリンク

Twitterもフォローしよう。